スポンサーリンク

「教えていただきありがとうございます」と「教えてくださりありがとうございます」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「教えていただきありがとうございます」と「教えてくださりありがとうございます」の違いビジネス用語【二語】

「教えていただきありがとうございます」「教えてくださりありがとうございます」の違いとは?

ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「教えていただきありがとうございます」とは?

「いただく」は、「もらう」の謙譲語です。

そのため、「教えていただき」と表現した場合は、「教えてもらう」を意味します。

これは、相手と自分の二者が存在する場合に、「教える」という行為を自分側から表現した言葉です。

自分側から見ているので「もらう」の動作主体は自分にあります。

「教えてくださりありがとうございます」とは?

「くださり」は、「くれる」の尊敬語です。

そのため、「教えてくださり」と表現した場合は、「教えてくれる」と意味します。

これは、「教える」という行為を相手側から表現した言葉です。

相手側から見ているので「くれる」の動作主体は相手にあるのです。

「教えていただきありがとうございます」と「教えてくださりありがとうございます」の違い

それでは「教えていただきありがとうございます」「教えてくださりありがとうございます」の違いは何でしょうか。

それは、文字の差異部分である「いただき」「くださり」の違いと言えます。

「いただき」は自分が動作主体の「もらう」であり、「くださり」は相手が動作主体の「くれる」なのです。

また、「いただき」は謙譲語であり、自分が動作主体であるために使用できます。

また、「くださり」は尊敬語であり、相手が動作主体であるため使用できるのです。

これらが、二つの言葉の違いだと言えます。

「教えていただきありがとうございます」の例文

ここでは「教えていただきありがとうございます」の例文を挙げていきます。

・『熱心に教えていただきありがとうございます』
・『毎日のように教えていただきありがとうございます』
・『重要なポイントを教えていただきありがとうございます』
・『貴重な情報を教えていただきありがとうございます』

「教えてくださりありがとうございます」の例文

ここでは「教えてくださりありがとうございます」の例文を挙げていきます。

例文からは、「教えていただき」とまったく同じ使い方で成立することが分かるはずです。

・『熱心に教えてくださりありがとうございます』
・『毎日のように教えてくださりありがとうございます』
・『重要なポイントを教えてくださりありがとうございます』
・『貴重な情報を教えてくださりありがとうございます』

まとめ

このように「教えていただきありがとうございます」「教えてくださりありがとうございます」は、相手が教えたことに感謝を示す言葉です。

「いただき」「くださり」の言葉の意味を紐解くことで、微妙なニュアンスの違いを正確に把握できたのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました