「預かっていただく」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「預かっていただく」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「預かっていただく」について解説をします。

「預かっていただく」とは?意味

渡したものを保存や管理してもらう、という意味です。

「預かっ」「預かる」のことで、頼まれて人や物を引き受けて保存や管理をするという意味があります。

「いただく」「もらう」の謙譲語です。

他人の行為によって自分が利益を受ける、頼んである事柄をしてもらうという意味があります。

「預かっていただく」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手側が聞き手に何かを預かってもらいたいときに使用をします。

頼み事をするときに主に使います。

自分では管理できなかったり、相手に持っていてもらった方が都合がよいことがあります。

そのようなときには、そのものを預かってもらうとよいでしょう。

保存や管理を相手に任せることで負担をかけるので、お願いをするときには相手への配慮が必要です。

「お手数をおかけしますが」など一言あると、気遣いを感じられます。

扱いに注意が必要なものは、保管の仕方を伝えておくとよいでしょう。

お願いをして預かってもらうのに、命令をするように保管の仕方を教えれば、相手を不快にさせてしまいます。

敬意を込めた伝え方ならば、相手を不快にさせにくいです。

自分はわかっていることでも、相手は知らないことがあるので、具体的に丁寧に扱い方を説明するようにしましょう。

預かってもらう期限を明確にしておきます。

期限が明確でないと「いつまで預かればよいのだろうか」と気になり、また負担にもなります。


「預かっていただく」を使った例文

・『預かっていただくことになりました』

「預かっていただく」の返答や返信例

預かるように頼まれたときは、引き受けることができるのか、できないのかを伝えます。

預かった場合は、責任をもって取り扱いましょう。

壊したり、汚したりしないように気をつけます。

ものによっては扱い方に十分な注意が必要なものがあるので、扱い方に疑問点があるようなら、どのように扱えばよいのか尋ねたり、調べたりして、間違いのないようにします。

引き受けることができないときにはお断りをします。

お断りの際に「申し訳ない」という意を伝えると、角が立ちにくくなります。

まとめ

この言葉は、あるものを相手に渡して、それを保管して欲しいときに主に使用するものです。

保管の負担をかけさせてしまうので、気遣いを示しながら丁寧にお願いをしてみてください。