「略儀ながらメールにて失礼いたします」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「略儀ながらメールにて失礼いたします」とは?ビジネス用語【一語】

「略儀ながらメールにて失礼いたします」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「略儀ながらメールにて失礼いたします」とは?

これは、メールで何か連絡する際に使用される言葉です。

「略儀ながら」は、儀礼を省略したものではあるがとの意味になります。

つまりここでは、メールという簡易的な手段を採用したことを、「略儀ながら」と表現しているのです。

なお、「メールにて」「メールで」と同等の意味になります。

そして「失礼いたします」は、簡易的な連絡手段であることに対して使用されているのです。

なお、ここでは謙譲語と丁寧語を組み合わせた表現にしています。

これらのことから、この言葉がメールで何か連絡する際に使用されるものだと分かるのです。

「略儀ながらメールにて失礼いたします」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある人物にメールで連絡することにしたとします。

しかし本来であれば、対面で説明するような内容になっていたのでした。

このようなケースで、「略儀ながらメールにて失礼いたします」と伝えるとよいでしょう。

これにより、簡易的な手段であることに対して、失礼だと感じていることを伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「略儀ながら」の表現方法に注意するべきです。

これは「略儀ですが」に変更できます。

また、「略儀ではございますが」などに言い換える方法もあるのです。

このように、同じような意味であっても、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「略儀ながらメールにて失礼いたします」を使った例文

例文のように、語尾を少し変化させると、敬語の程度を調整できるようになるのです。

・『略儀ながらメールにて失礼いたします』
・『略儀ながらメールにて失礼します』
・『略儀ながらメールにて失礼申し上げます』

「略儀ながらメールにて失礼いたします」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「略儀ながらメールにて失礼いたします」の類似表現

たとえば、「略儀ながらメールで失礼いたします」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「略儀ながらメールにて失礼いたします」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「略儀ながらメールにて失礼します」に言い換えできます。

まとめ

このように、メールで何か連絡する際に、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。