「留意しておきます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「留意しておきます」とは?ビジネス用語【一語】

「留意しておきます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「留意しておきます」とは?

これは、心に留めておくことを伝える言葉です。

「留意」「心に留めること」を意味します。

つまり、何かをおぼえておき、それを忘れないように維持する様子を「留意」と表現できるのです。

また、「留意」は名詞ですが、「留意する」は動詞のような表現になります。

さらに「留意しておく」は、あらかじめ留意しておくことや、その状態を維持することを表現したものになるのです。

なお、語尾を「おきます」にすると丁寧語の表現になります。

これらのことから、この言葉が心に留めておくことを伝えるものだと分かるのです。

「留意しておきます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある顧客と手続きを進めることになったとします。

そして、忘れてしまいそうな内容については、自分も留意しておくと相手に伝えることにしたのです。

このようなケースで、「その件に関しては、こちらでも留意しておきます」と伝えるとよいでしょう。

これにより、心に留めておくことを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「留意しておきます」の表現方法に注意するべきです。

これは「留意します」でも同じような意味で使用できます。

また、「心に留めます」と言い換える方法もあるのです。

さらに、「留意いたします」と表現する事もできるのです。

このように、同じような意味であっても、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「留意しておきます」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『その件については、留意しておきます』
・『できるだけ忘れないように、留意しておきます』
・『とても大事なことですので、留意しておきます』

「留意しておきます」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「留意しておきます」の類似表現

たとえば、「心に留めておきます」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「留意しておきます」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「留意いたします」に言い換えできます。

まとめ

このように、心に留めておくことを伝える場合に、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。