スポンサーリンク

「中小企業診断士」と「経営コンサルタント」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「中小企業診断士」と「経営コンサルタント」の違い職業の違い

「中小企業診断士」「経営コンサルタント」という2つの職業は、どちらも企業の経営に関する内容の仕事に携わっています。

それぞれどんな仕事なのか、詳しい業務内容、2つの職業の違いを簡単に説明します。

スポンサーリンク

「中小企業診断士」とは?

「中小企業診断士」は簡単に言うと、中小企業を対象とした経営に関するコンサルティングを行う仕事です。

依頼主である中小企業から、現在抱えている企業の問題点やスキルアップしたい点などのを相談受け、解決策のアドバイスや調査を行います。

「中小企業診断士」は、経営関連の資格の中で唯一の国家資格です。

「中小企業診断士」の業務内容

詳しい業務内容は、まずヒヤリングやアンケート、文章による企業の把握によって、企業の相談したい悩みを確認します。

診断や調査を行った後、的確なアドバイスや具体例を交えての解決策を助言します。

将来性を見据えて、これから企業が成長するために必要な戦略や資金不足、戦力不足を解消する手段なども「中小企業診断士」がアドバイスを行います。

その他にも中小企業向けに講演を行ったり、「中小企業診断士」ならではの専門的な知識を活かして、書籍を執筆することでさまざまな企業に知識を広めるとともにコンサルティングの依頼が増加するという相乗効果があります。

「経営コンサルタント」とは?

「経営コンサルタント」は個人企業や大企業などさまざまな企業に対して、経営に対するアドバイスや経営戦略の助言を行うのが仕事です。

企業が抱える問題点をさまざま視点から改善するためのコンサルティングサービスを提供しています。

「経営コンサルタント」の業務内容

詳しい業務内容は、依頼主である個人企業や大企業などから現在の問題点や改善を行いたい点についてヒヤリングを行います。

経営やマネジメントにおいての助言、オペレーション、新規事業、現場の今後の理想的なプラン などさまざまな方向から、的確なアドバイスや助言、サポートをするのが仕事です。

それぞれジャンルの違う企業からの依頼があるので、さまざまな業界や会社の情報や戦略方法を熟知し、依頼主へのアドバイスに活かすことが大切な業務の1つでもあります。

「中小企業診断士」と「経営コンサルタント」の仕事の違い

まず、「中小企業診断士」「経営コンサルタント」という2つの仕事の決定的な違いは、「中小企業診断士」が国家資格で「経営コンサルタント」は資格がなくても独学や戦略方法で名乗ることのできる職業だということです。

そして、対象にしている企業が違い、「中小企業診断士」が中小企業、「経営コンサルタント」が個人企業や大企業であることが多いものの、基本的には指定はないのが違いです。

同じような仕事でも有資格者という絶対的信頼感が「中小企業診断士」があり、起業や経営に興味のある人は自分の知識の1つとして覚えておきましょう。

まとめ

「中小企業診断士」「経営コンサルタント」という2つの職業について、業務内容や違いなどを簡単に説明してきました。

有資格や対象企業などの違いがあり、ここで説明した2つの職業の特徴と違いを覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました