「存じ上げません」と「存じません」の言葉の違いとは?使い方や例文など分かりやすく解釈

「存じ上げません」と「存じません」の言葉の違いとは?ビジネス用語【二語】

「存じ上げません」「存じません」「について解説をします。

「存じ上げません」とは?

上記は、人間を対象にして知らないということを意味する言葉で、例を挙げれば、「部長の奥さんがいらしていることは存じ上げません」というように人間を対象にして知らないという場合使用します。

そのうえで、上げませんという部分がこの言葉のポイントで上げませんは上に報告するや献上するという意味なので、この言葉を解釈すると、「部長の奥さんが現場に来ていることを知らなかったが故、上に報告できません」という解釈になるのです。

「存じ上げません」の使い方

上記は、上官のように自分よりも立場が上の人に対して知らなかったが故、報告できませんでしたということに使用します。

例を挙げますと、「田中さんの不倫については存じ上げません」と言い出せば、これは、田中さんが不倫をしていたかも、という話については自分は聞いてないうえ知らないので上層部に報告することはないですと述べているのです。


「存じません」とは?

上記は、単に知らないという言葉を丁寧に述べただけです。

上げませんという言葉がついていないため、この言葉は知らないとすることであればなんでも対象にすることが可能で、「部長の奥さんがいらしていることは存じません」でも意味は通用しますし、「書類がどこに行ったかは存じません」というのも意味が通用します。

なので、「存じません」は知らないということを丁寧に述べる場合使用する言葉です。

「存じません」の使い方

「存じません」は、知らないということを丁寧に述べたい場合使用する言葉で、知らないというお話にもっていくのは何でもよく、「物差しがどこにあるか存じません」というようにどのようなものや人でも知らないということが可能です。

「存じ上げません」と「存じません」の違い

「存じ上げません」は主に人に対して知らないということを述べる言葉で目上の人に対して知らないというのに対して、「存じません」は、とにかく知らないということのみを丁寧にした言葉だという違いです。

まとめ

「存じ上げません」は、基本、人間に対して知らないという言葉です。

例を挙げますと「田中さんがどこに行ったのかは存じ上げません」といえば、これは田中さんという人間に対してどうだということを目上の方に対して報告できないと言っているにすぎません。

なので、「存じ上げません」は、人間が仕出かしたことに対する報告によく使用します。

一方で、「存じません」はとても便利な言葉で、人間であろうと、動物であろうと、宇宙人であろうと知らないものは知らないと言ってのける便利な言葉です。

無論、宇宙人が本当にいた場合、宇宙人は人の形をしているため、人なのかな?という問題になった場合、「宇宙人さんがどこに行ったのかは存じ上げません」が良いのか、「存じません」が良いのかは、実のところわかりません。

なので迷ったら、「存じません」でお茶を濁すとよいでしょう。