「参りました」と「負けました」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

「参りました」と「負けました」の違いビジネス用語【二語】

「参りました」「負けました」の違いとは?

ビジネスでの使い方や例文など、分かりやすく解説していきます。

「参りました」とは?

「参りました」「参ります」の過去形です。

そして「参ります」は、「参る」に丁寧語の語尾を付与したものなのです。

これにより、「参りました」という形になります。

それでは、元の言葉である「参る」にはどのような意味があるでしょうか。

「参る」は比較的多くの意味を持つ言葉です。

最も一般的な使用方法は「行く、来る」です。

これを謙譲語表現した場合に「参る」になります。

さらに、この謙譲語のへりくだる部分だけを拡張して使用した場合には、「負ける、弱る、困る」などの意味でも使用されるのです。

「負けました」とは?

「負けました」「参りました」と同じような意味で使用できます。

これは「負ける」に丁寧語の語尾である「ます」を付与して「負けます」にしています。

さらに「負けます」を過去形にすると「負けました」になるのです。

「負ける」は何かの優劣を争った場合に、劣っている立場になることを意味します。

このことから、「参りました」とは異なり、広い意味で使用されることはありません。

むしろ明白に勝負の「負け」を意味する言葉として使用できるのです。


「参りました」と「負けました」の違い

それでは「参りました」「負けました」の違いはどこにあるでしょうか。

どちらも勝負で負けることを表せます。

しかし、その違いは汎用性にあると言えます。

「参りました」「負ける」の意味で使用できます。

そして他にも「行く、来る、弱る、困る」などの意味にも使用できるのです。

これに対して「負けました」は、「負ける」の意味でのみ使用できる言葉です。

このようなに「参りました」「負けました」は同じように使用できる言葉です。

しかし、「参りました」には他の意味もあり、「負けました」は意味が限定的だという違いがあるのです。

「参りました」の例文

「参りました」を使用した例文を挙げます。

例文からも「負ける」以外にも「行く、来る、困る」などの意味で使用できるのが分かるはずです。

・『さきほどこちらに参りました』
・『お金がなくなり、すっかり参りました』
・『今回の勝負は、私が参りました』
・『ライバル企業の戦略に完全に参りました』

「負けました」の例文

「負けました」を使用した例文を挙げます。

ここでは、勝負に「負ける」という意味でのみ使用できることが分かるはずです。

・『じゃんけんの勝負に負けました』
・『一回戦ですぐに負けました』
・『今回の勝負は、私が負けました』
・『ライバル企業の戦略に完全に負けました』

まとめ

このように「参りました」「負けました」は、どちらも「負ける」の意味で使用できる言葉です。

しかし、「参りました」には他の意味もあり、「負けました」は意味が限定的だという違いがあるのです。