スポンサーリンク

「短納期で申し訳ありません」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「短納期で申し訳ありません」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では、「短納期で申し訳ありません」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「短納期で申し訳ありません」とは?意味

「短納期で申し訳ありません」は、「相手に発注する時に、通常より納期まで短いことをお詫びする丁寧な表現」という意味です。

通常の納期よりも短い納期で相手に発注する時に使われます。

こちらの方が顧客になりますので、相手は多少無理してでも納期に間に合わせる様に努力するはずですが、相手に対する気配りを忘れない様にしましょう。

この表現は少しぶっきらぼうに感じますが、文法的に間違っておらず、ビジネスメールで簡潔に用件を津伝えるのに問題のない文章です。

ただし、この文章だけでは契約が成立しているか分からず、相手から断られる可能性もあります。

「短納期で申し訳ありません」の成り立ち

「短納期で申し訳ありません」「短納期+で+申し訳ありません」で成り立っています。

「短納期」「納期が短いこと」のビジネス用語で、「納期」とは「税金や商品などを収める期限」という意味です。

メーカーの場合、納期が短いと工場の日程にも影響が出ます。

「で」は原因・理由を表す助詞、「申し訳ありません」「相手に無理な依頼をしてすまないという気持ちを表す語」という意味の「申し訳ない」の丁寧語表現です。

相手にお詫びする言葉と丁寧語が使われていますので、社外の人に使えます。

「短納期で申し訳ありません」の言葉の使い方や使われ方

「短納期で申し訳ありません」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

『ゴールデンウィークが重なったせいもあり、短納期で申し訳ありません』

通常ならばそれほど短い納期ではないのですが、ゴールデンウィークで工場や事務所が休暇に入る分納期が短くなることを気遣って使われます。

『現在非常に需要が高まっていることにより、短納期で申し訳ありません』

需要が高まり在庫不足が続いている商品を、なるべく早い納期で取り引きしたいとオファーする時に使われます。

「短納期で申し訳ありません」の類語や言いかえ

「短納期で申し訳ありません」の類語や言いかえは以下の通りです。

「急なお願いで誠に申し訳ございません」

直前に納期をいつにしたいと依頼しているのであれば、「短納期」を使わなくてもこちらの言い回しで十分です。

「差し迫ってのお願いで大変恐縮です」

こちらも先に納期を提示していれば、「短納期」を使わなくてもお詫びの気持が伝わります。

まとめ

今回は「短納期で申し訳ありません」について紹介しました。

「短納期で申し訳ありません」は、「通常よりも早い納期で申し訳ないと伝える時の丁寧な表現」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました