「ご対応の程」と「お取り計らいの程」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

「ご対応の程」と「お取り計らいの程」の違いビジネス用語【二語】

「ご対応の程」「お取り計らいの程」の違いとは?

ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解説していきます。

「ご対応の程」とは?

「対応」「何かしらの状況に応じてて行動すること」という非常に抽象的な意味があります。

これに接頭語を付与して「ご対応」とすることで、丁寧な表現になります。

また「の程」は直接表現を避けるために用いられる言葉です。

そして、とくに明示的な意味を持ちません。

しかし、「ご対応お願いします」とするかわりに、「ご対応の程お願いします」とすることで婉曲表現できます。

より丁寧な表現とは直接表現を避けることであり、遠回しに表現することと同義なのです。

「お取り計らいの程」とは?

「取り計らい」「物事がうまく進むように考えて処理する」という意味を持ちます。

これは、「対応」が無作為な行動であるのに対して、行動の目的が存在するタイプの言葉なのです。

そのため「お取り計らいの程」と表現した場合には、ただの対応ではなく、うまくいくように加味された行動を示すことになるのです。

また、ここでも「の程」が使われていますが、使用する目的は「ご対応の程」の場合と同じになります。


「ご対応の程」と「お取り計らいの程」の違い

それでは「ご対応の程」「お取り計らいの程」の違いはどこにあるでしょうか。

二つの言葉の違いは「対応」「取り計らい」にあると言えます。

どちらも、相手の何かしらの行動を示す言葉として使われています。

しかし、対応に意図が無いのに対して、取り計らいには意図があります。

取り計らいの意図は、うまくいくことです。

このように、同じ行動を示す言葉ですが、背景に存在する意図によって選択する言葉に違いが出るのです。

「ご対応の程」の例文

ここでは「ご対応の程」の例文を挙げていきます。

例文のように「お願いする」を意味する言葉と組む合わせて使うのがよいでしょう。

・『ご対応の程、よろしくお願いいたします』
・『ご対応の程、何卒お願いします』
・『ご対応の程、心より願い申し上げます』
・『ご対応の程、お願いします』

「お取り計らいの程」の例文

ここでは「お取り計らいの程」の例文を挙げていきます。

例文から、「ご対応の程」と同じように使用できることが合わるはずです。

ただし、言葉の違いで意味も変わるので、注意しましょう。

・『お取り計らいの程、よろしくお願いいたします』
・『お取り計らいの程、何卒お願いします』
・『お取り計らいの程、心より願い申し上げます』
・『お取り計らいの程、お願いします』

まとめ

このように「ご対応の程」「お取り計らいの程」は、同じように使用できる言葉です。

しかし、言葉の意味には違いがあり、その違いによって適切に使い分ける必要があるのです。