スポンサーリンク

「ピアニスト」と「キーボーディスト」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ピアニスト」と「キーボーディスト」の違い職業の違い

この記事では、「ピアニスト」「キーボーディスト」の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ピアニスト」とは?

ピアノを弾く演奏者を「ピアニスト」と呼び、プロとしてピアノを弾いて人前で音を奏でる者を指す呼び方です。

独奏で弾いて人々を魅了する奏者もいれば、オーケストラと共にクラシックを弾いて楽しませて報酬を得る人もいます。

ときに激しく弾いて人の心を奮い立たせて感動させたり、じっくり弾いて聞かせるピアノの音色を奏でて楽しませる「ピアニスト」など、コンサートホールで多くの人を集めて弾くわけです。

有名なプロに転進すれば海外に行って演奏してまわり、名を広めて仕事を得るなどして稼ぐ人もいます。

即興で弾いて魅了する人もいれば、ボランティアで弾いてお金を集めて慈善団体に寄付するなど社会貢献にも活躍する者もいます。

ほとんどの演奏者はクラシックを奏でる者であり、グランドピアノを心込めながら独自の弾き方で音を奏でます。

「キーボーディスト」とは?

鍵盤楽器と呼ばれるオルガンやシンセサイザーを弾く人を「キーボーディスト」と呼びます。

ピアノを弾く人もこのように呼びますが、キーボードを軽快に弾くスタイルで音を奏でるところが魅力でもあり、ポップスやダンス音楽を弾く音楽家が選ぶ弾き方でもあります。

豊かなサウンドによって曲をよりいっそう明るく彩り、新しい音を奏でられるためギターやドラムの音とも相性が良く、バンドでも活躍する機会が多い演奏者です。

演奏する楽器は小さめのピアノや、どこにでも移動ができるオルガンやシンセサイザーを選びます。

なかにはいくつもシンセサイザーを器用に弾いて音を出す者もいますし、肩から斜めに掛けて電子ピアノを弾く人もいるなど様々なスタイルで音を奏でて視聴者を楽しませます。

「ピアニスト」と「キーボーディスト」の違い

「ピアニスト」「キーボーディスト」の違いを、分かりやすく解説していきます。

大きなグランドピアノを独自の演奏で弾いて多くの人を魅了して報酬を得るのが「ピアニスト」であり、全国各地をまわってコンサートを開いて稼ぐプロを指します。

古典的な音楽に特化して弾くことが多く、主にクラシック音楽を奏でることが得意な人ばかりです。

ドレスアップして優雅にピアノを弾く姿は美しく、格調の高さを感じさせます。

ひとりで弾きながら人を魅了する演奏者は、自分なりの自由な演奏の仕方で楽しませる「ピアニスト」が多い傾向が見られます。

一方の「キーボーディスト」は、ギターやベース、歌手と組んで大衆が好む音楽を奏でてテレビを視聴する人を魅了します。

歌手に合わせて軽快なテンポで弾くことで華やかなものして届けるのが目的であり、ノリがいい音楽を求める若者の心をつかむ音楽を奏でる者の呼び方です。

まとめ

鍵盤を弾いて魅力的な音を出す演奏者の呼び方を2つご紹介しました。

どちらもピアノを弾く者であり、鍵盤を器用に弾いては人の心に響く音を奏でますが、「ピアニスト」は古典的な音楽を奏でるためにピアノを奏でる人を「キーボーディスト」と呼び、新しい形の鍵盤楽器を弾く人と覚えておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました