「俳優」と「女優」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

「俳優」と「女優」の違い職業の違い

この記事では、「俳優」【はいゆう】と「女優」【じょゆう】の違いは何なのか、分かりやすく説明していきます。

「俳優」とは?

日本では、主に男性の役者を「俳優」【はいゆう】と呼んでおり、与えられた役柄を演じる人を指します。

ドラマだけでなく、舞台や映画、cmでも活躍する場が与えられる人もいます。

古典劇を演じたり、時代劇、偉人、スポーツ選手を演じるなど様々な役柄に合わせた演技を見せて観客を楽しませるのが仕事です。

ときに歌を歌ったり、踊る、マラソンするなど体をはって演じて見せることもあり、体力を要するため、体調管理を徹底する人もいます。

さらに役になりきるため体重を増やす、減らす、髪型を役に合わせて伸ばすこともあります。

この呼び方が世間に広まったのが舞台で演技を演じる者が現れた平安時代で、男性だけが役者として活躍していたため主に男性をこのように呼んでいたわけです。

現代では、女性の役者も性別に区別なく平等に呼ぶようになったため「俳優」と呼ぶようになりました。

「女優」とは?

芸能界では、女性の役者を「女優」【じょゆう】と呼び、男性の俳優と区別するときこのように呼んでいます。

江戸時代までは男性の役者ばかりであったため「女優」という呼び方はありませんでしたが、明治時代になると、海外からの影響もあって日本でも女性の役者が登場するようになりました。

当時は女性の俳優という呼び方をしていましたが、性的に区別する意味も含めてしだいに女性と俳優の文字をとって「女優」と呼ぶようになったのです。

他にも舞台やプロモーションビデオでも活躍する人もいますし、バラエティ番組に出たり、クイズ番組で自分の持つ知識を披露するなどまた違った分野で本領を発揮する人もいます。

美しい「女優」は写真集や歌を出す人もいますし、ドレスアップして司会業をこなすなど売れるほど幅広く仕事が舞い込みます。


「俳優」と「女優」の違い

「俳優」「女優」の違いを、分かりやすく解説します。

演技する男性と女性を指すのが「俳優」であり、平安時代から登場している呼び方になります。

海外では女性の役者を「俳優」と呼び、性別で区別しないようにしていますが、日本では女性の役者を「俳優」と呼ぶ呼び方が浸透していないことから、女性の役者は「女優」と呼ぶのです。

一方の「女優」は、女性の役者のみに使われる呼び方であって男性は含まれません。

海外の芸能文化が盛んに国内へ入り込んだ時代から使われるようになった呼び方であり、現代では多くの人に認知されています。

男性と女性の心を持つジェンダーの女性はこの呼び方をしないように訴える人も出てきているため、性別で区別されたくない役者に対しては「俳優」と呼ぶようにしています。

まとめ

どちらも演じることに特化した役者を呼ぶ呼び方で、一昔前は性別で区別して呼んでいました。

そんな「俳優」「女優」も個々の魅力を引き出す仕事して人々を魅了し、楽しませる人として見る人に夢と希望を与える素晴らしい職業であると覚えておくといいでしょう。