スポンサーリンク

「ご愁傷様です」と「お悔やみ申し上げます」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご愁傷様です」と「お悔やみ申し上げます」の違いビジネス用語【二語】
スポンサーリンク

「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」の違いとは?

ビジネスでの使い方や例文などを交えながら、分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

「ご愁傷様です」とは?

はじめに「ご愁傷様です」について解説していきます。

「ご愁傷様」「傷を心配する」という意味の「愁傷」「ご」「様」を付与することで敬語表現にした言葉です。

これは、主に葬儀などの場面で親族に対して使用されることが多い表現です。

相手に対する弔意を表す言葉の、定番フレーズと言えるでしょう。

「お悔やみ申し上げます」とは?

つぎに「お悔やみ申し上げます」を解説します。

「お悔やみ」「故人の死を悲しみ、悔やむ」をとの意味で使用されます。

単に「悔やむ」を使用した場合と異なり、「お悔やみ」という単語のすることで、弔事でしようされる言葉になしります。

これに「言う」の謙譲語表現である「申す」を付与することで、相手に対して礼儀を示した表現になるのです。

「ご愁傷様です」と「お悔やみ申し上げます」の違い

それでは「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」の違いはどこにあるでしょうか。

この二つの言葉には、厳密な違いはないと言えます。

あえて言えば「傷を心配する」「死を悔やむ」という意味の違いがあるので、言葉から連想される印象は違うでしょう。

ただし、どちらを選択するべきかという明確なルールや基準はないのです。

しかし、使える場面、相手に伝えたい内容などを総合的に考えると「ほぼ同じ」言葉という事ができるのです。

「ご愁傷様です」の例文

ここでは「ご愁傷様です」の例文を挙げていきます。

単独での使用も可能ですが、冒頭に一言添える使い方のほうが一般的だと言えるでしょう。

相手や状況に応じて、適切な用法を選択して使い分けるとよいでしょう。

・『ご愁傷様です』
・『このたびは、ご愁傷様です』
・『本当に、ご愁傷様です』
・『このたびは誠に、ご愁傷様です』

「お悔やみ申し上げます」の例文

ここでは「お悔やみ申し上げます」の例文を挙げていきます。

例文から「ご愁傷様です」と全く同じ使い方をしても成立することが分かるはずです。

ただし、全く同じ使い方ができる反面、言葉から受ける印象が変化することも分かるのではないでしょうか。

・『お悔やみ申し上げます』
・『このたびは、お悔やみ申し上げます』
・『本当に、お悔やみ申し上げます』
・『このたびは誠に、お悔やみ申し上げます』

まとめ

このように「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」は同じような場面で、同じように使用できる言葉です。

しかし、言葉が持つ印象は少し異なります。

それぞれの漢字が与える印象まで考慮した上で、状況に応じてた適切なものを選択するのがよいと言えるでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【二語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました