スポンサーリンク

「先立って」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「先立って」とは?ビジネス用語【一語】

「先立って」とは?ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「先立って」とは?

はじめに「先立って」の意味を解説していきます。

「先だって」「何かの前に」「事前に」などを意味する言葉です。

「先に立つ」という言葉の成り立ちからも、意味するところは想像しやすいことでしょう。

また、「あらかじめ」などと類義の表現と言えますが、使われ方は微妙に異なります。

「先立って」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「先立って」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、セミナーの案内をメールで一斉送信するとします。

その場合、「セミナー開催に先立って、みなさまに案内を送付いたします」とメールに記載するとよいでしょう。

この場合の「先立って」が示すのはセミナー開催が「後」に控えており、メールの案内が「先立っている」のです。

「事前に」「あらかじめ」を使うよりも、文章のリズムを崩さずに自然に挿入できる点にメリットがある言葉とも言えるでしょう。

この言葉を使う場合の注意点は、「せんだって」との誤認です。

「先立って」「せんだって」と読めてしまいます。

本来は字が違うのですが、先日などの意味になり、内容が異なってしまいます。

誤認を避けるのであれば、別な表現を選択するほうが良いでしょう。

「先立って」を使った例文

ここでは「先立って」を使った例文を挙げていきます。

これらの例文から分かる通り、何に対する「事前に」なのかが分かるように、先に対象を述べるのが一般的な用法です。

・『キャンペーン開催に先立って』
・『本番に先立って』
・『計画実行に先立って』

「先立って」の類語や敬語での言いかえ

それでは「先立って」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「先立って」の類似表現

まず 「先立って」の類似表現について解説します。

「先立って」「前もって」と言い換えることができるでしょう。

表現は異なりますが、意味としては同じになります。

「先立って」の敬語表現

つぎに「先立って」を敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

例えば「先立ちまして」という言い換えが可能です。

この言い換えを行うことで、丁寧な印象が含まれるように変更することが可能なのです。

まとめ

このように「先立って」という表現は、言葉のリズムを崩さずに文章に溶け込ませることができる不思議なフレーズです。

様々な表現方法ができることは、ビジネスにおいても大きなスキルの一つです。

この表現についても、しっかり覚えて使いこなせるようにしておくとよいと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました