スポンサーリンク

「そのまま進めていただけたらと思います」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「そのまま進めていただけたらと思います」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「そのまま進めていただけたらと思います」について解説をします。

スポンサーリンク

「そのまま進めていただけたらと思います」とは?意味

今の状態と変わらずに物事を行ってもらえればと思う、という意味です。

「そのまま」には、今の状態と変わらないこと、今のまま、という意味があります。

「そのままの姿勢」といった使い方をするもので、この例の場合だと姿勢を変えないという意味になります。

「進め」は、物事を進行させることです。

「いただけ」「いただく」を指し、動詞の連用形に「て」を添えた形について、話し手や動作の受け手にとって恩恵になることを他人から受ける意を表します。

この場合、物事を進めるのは聞き手で、物事を進めてもらうことが話し手にとっての恩恵になっています。

「たら」は提案や勧誘の意です。

「思います」は、話し手がそう考えていることを表します。

「そのまま進めていただけたらと思います」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、主に仕事を頼んでいる人に対して用います。

AさんがBさんに仕事を頼みました。

Bさんは途中経過をAさんに話しました。

これまでの仕事の進め方に問題はなく、これまでと同じように仕事を進めて欲しいと思っています。

その気持ちをAさんがBさんに対して表すときに、このような表現を用います。

目上の人に仕事を頼んで進めてもらうことはないので、自分と同等のものや下の立場のもの、取引先の人などに対して述べるものです。

丁寧な表現なので失礼にはなりません。

「思います」「考えている」という意味なので、はっきりと「進めてください」と述べてもよいでしょう。

「思います」では、あいまいな印象を与えてしまいます。

「ください」とした方が自分の意思をはっきりと伝えることができます。

「そのまま進めていただけたらと思います」を使った例文

・『○○については、そのまま進めていただけたらと思います』

「そのまま進めていただけたらと思います」の返答や返信例

この言葉に対しては「わかりました」の意を伝えて、これまでと同じように物事を行っていきます。

仕事の進み具合を報告して、その後にこの言葉が述べられることが少なくありません。

その場合は、仕事の状況を確認してくれたことに対してお礼を伝えましょう。

わからないことがあったら質問をします。

その都度わからないことを尋ねていれば、相手の希望にそった仕事ができることが期待できます。

まとめ

この言葉は、今までと変わらずに仕事を行って欲しいときに用います。

ときには、これまでとは違ったやり方にしなければならないこともあります。

そのため、その都度仕事内容を確認して、その都度進め方を修正していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました