スポンサーリンク

「アウトバウンド営業」とは?ビジネス単語を簡単に解釈

スポンサーリンク
「アウトバウンド営業」とは?ビジネス単語

「アウトバウンド営業」とは?

ビジネス単語を簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

「アウトバウンド営業」とは?

「アウトバウンド営業」は、企業から顧客に向けて営業をかける行為です。

これは、顧客が主体的に情報収集するように促す「インバウンド営業」の対義語であると言えます。

従来の営業は「アウトバウンド営業」であり、「インバウンドマーケティング」などの用語が登場したことで、「アウトバウンド」という呼び名が、派生的に生じたのです。

「アウトバウンド営業」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

たとえば、あなたの会社ではブログを活用したインバウンドマーケティングを採用していました。

しかし、この手法には顧客の行動を待つしかないというデメリットもあるのです。

このようなばあいには、「泥臭いですが、アウトバウンド営業に切り替えましょう」と述べるとよいでしょう。

これにより、従来型の広告や宣伝などの発信型の営業スタイルへの変更を表現できるのです。

「アウトバウンド営業」を使った例文

ここでは「アウトバウンド営業」を使った例文を挙げます。

・『アウトバウンド営業には、デメリットも多く存在する』
・『アウトバウンド営業は、従来型の営業スタイルだと言える』
・『アウトバウンド営業に切り替えることで、広告宣伝費が増加する』

まとめ

このように、「アウトバウンド営業」とは、発信型の営業スタイルを示す言葉です。

いろいろな場面で使用される言葉なので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました