スポンサーリンク

「アウトバウンド施策」とは?ビジネス単語を簡単に解釈

スポンサーリンク
「アウトバウンド施策」とは?ビジネス単語

「アウトバウンド施策」とは?

ビジネス単語を簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

「アウトバウンド施策」とは?

「アウトバウンド施策」は、企業側が主体的に行動する施策を示します。

「アウトバウンド」という言葉は「インバウンド」というプル型のマーケティング手法が登場したことで、後付けされた呼称です。

そのため従来のプッシュ型のマーケティング施策は、全て「アウトバウンド施策」だと言えるのです。

「アウトバウンド施策」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

たとえば、あなたの会社ではブログとSNSを使用した広告活動を、行っていました。

しかし、この手法による流入が頭打ちになり、これ以上の増加が見込めないのでした。

このような場合には、「今後は、アウトバウンド施策を強化する必要がある」と述べるとよいでしょう。

これにより、市場へのアプローチ手段を切り替えることを、上手に言いかえて表現できるのです。

「アウトバウンド施策」を使った例文

ここでは「アウトバウンド施策」を使った例文を挙げます。

・『アウトバウンド施策は、泥臭い手法になりがちである』
・『アウトバウンド施策には、様々な手段が適用可能である』
・『アウトバウンド施策は、インバウンド施策に比べて成約率が低くなる』

まとめ

このように、「アウトバウンド施策」とは、企業側が主体的に行動する施策を表す言葉です。

いろいろな場面で使用される言葉なので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました