スポンサーリンク

「アウトバウンドコール」とは?ビジネス単語を簡単に解釈

スポンサーリンク
「アウトバウンドコール」とは?ビジネス単語

「アウトバウンドコール」とは?

ビジネス単語を簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

「アウトバウンドコール」とは?

「アウトバウンドコール」は、企業側が顧客に対して営業電話することです。

企業側から行動を起こすことを「アウトバウンド」と表現します。

逆に、顧客側から企業側に行動を起こす場合には「インバウンド」と表現するのです。

なお、ここでは「コール」という言葉が、電話することを意味しています。

「アウトバウンドコール」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

たとえば、今期の売上が不足していたとします。

予算達成のために、顧客への営業電話を増やして、受注機会を増やす必要があったのです。

このような場合には、「アウトバウンドコールを増やすために、人員を増強しましょう」と述べるとよいでしょう。

これにより、こちらから営業電話をかけることを上手に言いかえて表現できるのです。

「アウトバウンドコール」を使った例文

ここでは「アウトバウンドコール」を使った例文を挙げます。

・『アウトバウンドコールは、数の勝負になりがちである』
・『アウトバウンドコールは、企業イメージを損なう場合もある』
・『アウトバウンドコールは、従来の営業手段のひとつである』

まとめ

このように、「アウトバウンドコール」とは、企業側から顧客に営業電話をかけることを意味する言葉です。

いろいろな場面で使用される言葉なので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました