スポンサーリンク

「アウトソーシング」とは?ビジネス単語を簡単に解釈

スポンサーリンク
「アウトソーシング」とは?ビジネス単語

「アウトソーシング」とはどのような意味で使われるビジネス用語なのでしょうか。

スポンサーリンク

「アウトソーシング」とは?

「アウトソーシング」とは、「業務の一部を外部に委託すること」を意味するビジネス用語です。

会社が業務を行うときに人手不足や専門知識の不足など自社内だけでは仕事が十分にこなせないケースがあります。

そのような場合は臨時雇用などで人員を補充する対策方法もありますが、人を雇うとなると手間も時間もかかりますし現在のプロジェクトが終わった後の処遇についても課題が残ります。

自社だけではこなしきれない仕事を外部に任せることを「アウトソーシング」といいます。

業務に必要な処理能力を外部から調達することを表すビジネス用語で、主導権は自社が持ちながら一部分のみを外部に委託する行為を指します。

「アウトソーシング」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

はっきりとした上下関係が存在する「下請け」や同等の立場で業務にあたる「協力」とは異なり量の多い作業や専門性が必要な仕事など全体のうちの一部分のみを外部に任せのが「アウトソーシング」です。

全てを丸投げして任せる行為は「アウトソーシング」ではありません。

「アウトソーシング」を使った例文

『アンケートの集計作業をアウトソーシングする』
『アウトソーシングを活用して自社をスリム化する』

まとめ

「アウトソーシング」は人員の少ない会社が大きな仕事をするときに欠かせないものです。

現代の企業経営に必須の要素なので正しい意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました