スポンサーリンク

「アウトバウンド業務」とは?ビジネス単語を簡単に解釈

スポンサーリンク
「アウトバウンド業務」とは?ビジネス単語

この記事では、「アウトバウンド業務」という言葉の意味、使い方や注意点、例文などついて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「アウトバウンド業務」とは?

コールセンターなどから顧客に向けて、情報を発信する仕事が「アウトバウンド業務」です。

新規顧客の獲得、新商品のご案内、サービスのお知らせなどが主な目的です。

「アウトバウンド業務」のビジネスでの使い方や注意点

企業側から顧客側へ発信することを「アウトバウンド」と言います。

対して、顧客側から企業側への着信を「インバウンド」と言います。

顧客への情報発信する仕事が「アウトバウンド業務」、顧客からの問い合わせ等の対応が「インバウンド業務」となります。

注意点としては、海外への出張を「アウトバウンド業務」とは呼ばないということです。

「アウトバウンド」という言葉には「外国へ行く」というニュアンスがありますが、混同しないようにしましょう。

「アウトバウンド業務」を使った例文

・『コールセンターのアウトバウンド業務を改善する』
・『新規顧客獲得がアウトバウンド業務のメインとなっている』
・『アウトバウンド業務の求人情報を調べる』

まとめ

「アウトバウンド業務」とは、情報を発信する側の仕事を指しています。

発信した回数分だけ契約が取れるとは限らないといった難しさはありますが、多くの企業が取り入れている業務手法となっています。

タイトルとURLをコピーしました