スポンサーリンク

「ドラフト」とは?ビジネスで使うカタカナ語など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ドラフト」とは?ビジネス単語
スポンサーリンク

この記事では、「ドラフト」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ドラフト」とは?意味

「ドラフト」のビジネスでの意味は以下の通りです。

1つ目は「下書き・草稿」という意味で、これから修正を加えることが想定される最初の書類のことです。

2つ目は「アパレル用語で、型紙の輪郭を描いた下図」という意味で、型紙を作る前に輪郭を設定する為に描く図案のことです。

3つ目は「人を選び抜くこと」という意味で、プロ野球の「ドラフト会議」を表します。

「ドラフト」の概要

「ドラフト」は英語の「draft」が日本語化した言葉で、「引っ張ること」「線を引いて描くこと」「下書き・草案」「すきま風」などの意味があります。

日常ではプロ野球の「ドラフト会議」という言葉でお馴染みですが、ビジネスでは「下書き・原稿」という意味でよく使われる言葉です。

「ドラフト」の言葉の使い方や使われ方

「ドラフト」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『報告書のドラフトに目を通して手直しをする』
・『スピーチのドラフトを作成する』
・『上司に契約書のドラフトを確認してもらう』

まとめ

今回は「ドラフト」について紹介しました。

言葉の意味を正しく理解して、必要に応じて使いこなせる様にしましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス単語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました