スポンサーリンク

「トンマナ」とは?ビジネスで使うカタカナ語など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「トンマナ」とは?ビジネス単語
スポンサーリンク

「トンマナ」とは何を意味するビジネス用語なのでしょうか。

今回は、「トンマナ」の意味について解説します。

スポンサーリンク

「トンマナ」の意味や使い方や表現方法

「トンマナ」とは、「トーンとマナー」の略で「調子と様式」を意味する言葉です。

広告文やイラストなどコンテンツを作成するときはコンセプトに合わせて全体の調子や様式を整える必要があります。

そのような作品全体を貫く雰囲気の一貫性を「トンマナ」といいます。

トーンが表しているのは文章でいうところの「だ、である」「です、ます」などの調子です。

内容は同じでも調子が変わると印象がガラリと変わります。

ひとつの文章で異なる調子が混在するとわかりにくくなるため全体を通して同じ調子で統一します。

マナーがとは様式やスタイルのことで、大見出しで区分したり章立てにしたり通し番号を振ったりなど全体の構成を表します。

一貫性が保たれていない混乱を招くことからコンテンツ制作では「トンマナ」を守るのが最低限の決まりごとです。

「トンマナ」の言い替えや使用例

・『利用者にふさわしいトンマナを考える』
・『トンマナがバラバラなのでとても読みにくい』
・『初見でも読みやすいようなトンマナでまとめる』

まとめ

「トンマナ」はコンテンツ作成における基本中の基本です。

できていないと内容がどんなに優れていても評価されないので作業中は必ず意識に置いておきましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス単語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました