スポンサーリンク

「データマイニング」とは?ビジネスで使うカタカナ語など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「データマイニング」とは?ビジネス単語
スポンサーリンク

「データマイニング」とはどんな行為を指す言葉なのでしょうか。

今回は、「データマイニング」の意味について解説します。

スポンサーリンク

「データマイニング」の意味や使い方や表現方法

「データマイニング」とは、「大量のデータの中から新たな知識や情報を見つけ出す技術」を意味する言葉です。

膨大に蓄積されたデータを分析して共通する事実や情報を掘り出し新たな知識として役立てる技法を指します。

鉱山から鉱石を掘り出すようにデータの山の中に埋もれた知識を掘り出す所から採掘を意味する「マイニング」という名称が付けられています。

膨大なデータはコンピュータを使い統計学やパターン認識、AIなどの分析技術で複合的に分析し新たな知識を探りますが、大量のデータを分析するにはスパコンレベルの高性能な分析装置が必要です。

「データマイニング」の言い替えや使用例

・『データマイニングで新たな事実が判明した』
・『過去の実績をデータマイニングに役立てる』
・『顧客の行動パターンをデータマイニングで分析する』

まとめ

ビジネス業界では主にマーケティングの分野で「データマイニング」が活用されています。

新たな技術により判明した知識は少なくありません。

専門の技術者も育成されていますがデメリットも抱えている技術なので依存するのではなくうまく活用することが重要です。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス単語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました