スポンサーリンク

「デッドライン」とは?ビジネスで使うカタカナ語など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「デッドライン」とは?ビジネス単語
スポンサーリンク

この記事では、「デッドライン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「デッドライン」とは?意味

「デッドライン」とは、ビジネス用語で「締め切り」「最終期限」という意味です。

単なる「期限」ではなく、「これ以上遅れることの許されないギリギリの時限」を表します。

メーカーでは契約などで定められている最終的な納期、メディア関係では原稿が印刷に間に合うギリギリの締め切りなどのことです。

「デッドライン」の概要

「デッドライン」は英語の「deadline」が日本語化した言葉で、「最終期限」「締切時間」の他に「来れ以上超えてはならない一線」という意味があります。

「dead」は英語で「死んだ」「機能しない」という意味の他に「絶対的な」という意味もあり、「絶対的な線」という意味で使われています。

「デッドライン」の言葉の使い方や使われ方

「デッドライン」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『明日が原稿のデッドラインだ』
・『今週末のデッドラインまでに何としても納品する』
・『デッドラインまで相手に返事するのを待とう』

まとめ

今回は「デッドライン」について紹介しました。

言葉の意味を正しく理解して、必要に応じて使いこなせる様にしましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス単語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました