スポンサーリンク

「ケアマネージャー」と「ヘルパー」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ケアマネージャー」と「ヘルパー」の違いビジネス用語【二語】

「ケアマネージャー」「ヘルパー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ケアマネージャー」とは?

「ケアマネージャー」とは他者からの介護が必要と認定された人に対して、どのような介護をするべきかやどういった介護プランを作成するかを決める職業です。

介護と一口に言ってもどのような助けを必要としているかは人によって大きく違いますし、どういった手助けをするかは介護施設や企業によっても違います。

介護を提供する企業や施設とそれを利用する要介護者の架け橋となり、利用者がどのような介護を必要としているかを企業に伝え、適切な介護を利用者に提供できるように提案することが「ケアマネージャー」の仕事です。

そのため「ケアマネージャー」になるには医療関係者や介護士など介護が必要となる人と接する機会の多い職場での実務経験と公的資格が必須となります。

「ヘルパー」とは?

「ヘルパー」とは生活に他人の助けを必要としている人に対して直接的に手助けする職業です。

「ケアマネージャー」が提案した介護プランに従って実際に介護する人が「ヘルパー」と言えます。

実際にどのような仕事をすることになるかは雇い主である企業がどのような要介護者を対象にしているかと、「ケアマネージャー」がどのような介護プランを作成するかによって違うので千差万別です。

また「ヘルパー」も基本的には資格が必要な職業ですが、毎回一人の要介護者に対して複数人で介護を行う一部の介護施設においては、リーダーとして指示する「ヘルパー」の補助要員として資格なしの「ヘルパー」が雇用されることもあります。

「ケアマネージャー」と「ヘルパー」の仕事の違い

「ケアマネージャー」は要介護者に対してどのような介護を提供する必要があるかを提案しプランを作成する仕事であり、「ヘルパー」はそのプランを実行することが仕事です。

「ケアマネージャー」はあくまでも利用者はどういった介護を必要としているか、実際に介護する人はどういった介護をどういった点に気をつけてするかを決めることが仕事になります。

「ヘルパー」は実際にその指示に従って介護を実行することが仕事であり、それを実行して利用者がどのような態度や状態になったか、介護の中で利用者がどのような要望を出していたかを「ケアマネージャー」に伝えてフィードバックさせることが仕事です。

まとめ

実際に介護する「ヘルパー」が必須となるのは言うまでもありませんが、「ケアマネージャー」がいなければ適切な介護を提供することが難しくなるので介護にはどちらも必要不可欠です。

「ケアマネージャー」「ヘルパー」が協力と連携を密にすることが、要介護者に十分な介護を提供するためには必須になります。

タイトルとURLをコピーしました