スポンサーリンク

「欠席させていただきたくご連絡いたしました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「欠席させていただきたくご連絡いたしました」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「欠席させていただきたくご連絡いたしました」について解説をします。

スポンサーリンク

「欠席させていただきたくご連絡いたしました」とは?意味

出席する予定だったものに出ないことを伝えるという意味です。

「欠席」には、出席する予定だったものに出席しないという意味があります。

「させていただき」「させていただく」のことで、相手に許しを請うことで遠慮してある行為を行うことをいいます。

「司会をさせていただく」という場合だと、司会をすることを参加者などに許しを請うことによって、遠慮しながら行う意になります。

「たく」「たし」のことで、話し手の希望を表す語です。

この言葉の場合は、欠席することを希望しています。

「ご連絡」は情報などを伝えるという意味です。

「いたし」「いたす」のことで、「する」の謙譲語、丁寧語になります。

「ました」「ます」「た」をつなげたものです。

「ます」は敬意を表す語、「た」は過去や完了を表す語です。

「欠席させていただきたくご連絡いたしました」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、会合など出席する予定だったものに出ないことを伝えるときに使用をします。

もともと出席する予定だったものに出ないときには、連絡をしなければなりません。

無断で欠席をすると、主催者などに心配や迷惑をかけることになります。

また、欠席した人自身の信頼を失うことでしょう。

連絡はメールでも電話でも構いません。

メールならいつでも読むことができ、相手の時間を拘束しないので、メールで伝えるのが望ましいです。

ただし、当日やむを得ない事情で欠席をする場合には電話で連絡をします。

メールではいつ読まれるかわからず、会合などが始まる前に読まれないという可能性もあるからです。

欠席をすることだけでなく、お詫びの言葉も伝えます。

次回には出席したいという内容のことを伝えておけば、次回につながる可能性があります。

電話やメールの対応をするのは、自分よりも上の立場の人かもしれないし、下の立場の人かもしれませんが、どのような人にも使用できます。

「欠席させていただきたくご連絡いたしました」を使った例文

・『○○日の会合を欠席させていただきたくご連絡いたしました』

「欠席させていただきたくご連絡いたしました」の返答や返信例

やむを得ない事情があって欠席するので、承知したことを伝えます。

よっぽどのことがなければ、欠席してはいけないという返答はしません。

理由は深く尋ねない方がよいでしょう。

まとめ

この言葉は、集まりなどを欠席するときに使用をします。

欠席するときには、必ず連絡をしなければなりません。

丁寧な言葉を使って伝えれば、相手に不快な思いをさせにくくなることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました