スポンサーリンク

「フロントエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「フロントエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の違い職業の違い

「フロントエンジニア」「バックエンドエンジニア」の違いとは?

それぞれの職業や仕事(ビジネス)を、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「フロントエンジニア」とは?

はじめに「フロントエンジニア」について解説していきます。

「フロントエンジニア」はWebサービスの表層部分を設計・開発する職業です。

「フロントエンドエンジニア」と呼ばれることもあります。

Webサービスの表層部分とは、いわば画面であり、ユーザーが目にする部分を設計・開発します。

また、「フロントエンジニア」になるために必須の資格はありません。

しかし、HTML、CSS、JavaScriptくらいまでが必須スキルになります。

「フロントエンジニア」の業務内容

それでは「フロントエンジニア」の業務内容はどのようなものなのでしょうか。

「フロントエンジニア」は、画面の機能を設計・開発することです。

デザインはWebデザイナーと分業することもあれば、自分で行うこともあります。

「フロントエンジニア」の業務では、特にユーザビリティの設計が重視されます。

使いやすい画面デザイン、使いやすい動線を考えだすのも、「フロントエンジニア」の業務なのです。

「バックエンドエンジニア」とは?

つぎに「バックエンドエンジニア」について解説していきます。

「バックエンドエンジニア」は、ユーザーから見えない部分のロジックを設計・開発する職業です。

Web画面から発行された要求を受け取り、実際に処理する部分を作るのです。

そのためには、Javaを中心としたプログラミング言語に加えて、データベースやフレームワークの知識も要求されます。

幅広い知識と、高度なスキルを要求される職業なのです。

「バックエンドエンジニア」の業務内容

それでは「バックエンドエンジニア」の業務内容はどのようなものなのでしょうか。

「バックエンドエンジニア」の業務内容は、ビジネスロジックを設計・開発することです。

ユーザーから見えない部分のロジックをビジネスロジックと呼びます。

これは、目に見えません。

しかし、フロントよりもの複雑な設計と実装が必要なのです。

また、データベースへのアクセスや、ファイルの書き込みも担うため、処理性能などもシビア要求されます。

これらの要求を満たしながら、フロントサイドの要求した処理を実施し、レスポンスを返す仕組みを作り出すのです。

「フロントエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の仕事の違い

それでは「フロントエンジニア」「バックエンドエンジニア」の仕事の違いはどうなっているのでしょうか。

「フロントエンジニア」はユーザーが見える表層部分の設計・開発を担います。

いっぽうの「バックエンドエンジニア」は、ユーザーが見えないバックエンドの処理の設計・開発を担うのです。

これらのことから、「フロントエンジニア」「バックエンドエンジニア」の仕事の違いは、担当する処理の場所にあると言えます。

まとめ

このように「フロントエンジニア」「バックエンドエンジニア」は違いが分かりにくい職業といえます。

しかし、この二つの職業には、設計・開発を担当する領域に大きな違いがあるのです。

タイトルとURLをコピーしました