スポンサーリンク

「ゲームプログラマー」と「ゲームクリエイター」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ゲームプログラマー」と「ゲームクリエイター」の違い職業の違い

この記事では、「ゲームプログラマー」「ゲームクリエイター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゲームプログラマー」とは?

ゲームプログラマーは、仕様書、設計書に基づいてゲームのキャラクターや背景などの表記や動き、効果音やBGMの流れるタイミングや各イベントをプログラミングするメンバーのことを言います。

実際に配布・発売されるソフトやアプリ上で実際に動作するプログラムの作成、および作成したプログラムが想定通りの動き、操作を行えているかの確認・テスト(デバッグ)を行います。

また、実際のプログラミングだけではなく、企画などの打ち合わせに参加し、プログラミングの観点で要求について意見し、調整することも行います。

「ゲームクリエイター」とは?

ゲームクリエイターは、配布・発売されるソフトやアプリの企画・作成に携わるすべてのメンバーを指します。

1のゲームプログラマーも、ゲームクリエイターの1つの役割です。

ゲームクリエイターの代表的な役割としては下記があります。

・プロデューサー:全体の管理、判断を行う。チームメンバーや予算なども判断する
・ディレクター:実際の制作に関わる現場、進捗について管理・判断する
・プランナー:どのようなゲームを作成するかについての企画構想、仕様書の作成を実施する
・デザイナー:キャラクター、背景をデザインする
・サウンドクリエイター:BGMや効果音など、ゲームの中で発生する音声を作成する
・シナリオライター:ゲームのストーリー、キャラクターのセリフなどを決める

「ゲームプログラマー」と「ゲームクリエイター」の仕事の違い

それぞれ下記の違いがあります。

「ゲームプログラマー」:ゲームのプログラム制作、およびその動作確認を実施する
「ゲームクリエイター」:役割によって、ゲームの企画から、キャラクター、音声の作成、および全体の管理などさまざまな仕事内容が存在する

「ゲームプログラマー」と「ゲームクリエイター」の仕事の違い(給料面の考察)

ゲームプログラマーはプログラミングを行う専門職であるため、高い技術、専門性を有している人で評価されている人ほど給料が上がる傾向にあります。

ゲームクリエイターについては、役割によって異なります。

制作に関わり、高い専門性が求められる役割については、給料の増減はゲームプログラマーと同じ傾向にあります。

プロデューサーやディレクターといった立場だと、ゲーム開発にかかった期間やコストの実績、およびゲームの売り上げや人気が評価となり、給料が決まることもあります。

まとめ

ゲームの制作に関わる「ゲームクリエイター」「ゲームクリエイター」の中でもプログラミングに関わる部分を担当する「ゲームプログラマー」

理解しておくことで、ゲーム制作の現場の役割も見えてくるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました