スポンサーリンク

「キャスター」と「アナウンサー」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「キャスター」と「アナウンサー」の違い職業の違い

この記事では、「キャスター」「アナウンサー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャスター」とは?

報道番組で司会する「キャスター」は、事件や事故、戦争など現場で起きている今の状況を紹介しつつ、ゲストや専門家に話を振ったり、映像を見ながら説明するのが仕事です。

今入ってきたニュースを冷静に読み、もし新たな問題が起きたときは臨機応変に対応することが求められるため、キャスターとして経験がおおいベテランが仕事を任されるわけです。

番組の進行もしていき、司会役としての仕事もこなすことが求められます。

「アナウンサー」とは?

情報やバラエティ、歌番組などで司会者の横でアシスタント的な役割を担うのが「アナウンサー」であり、自分の声で暗記した原稿をうまく話し、その場を盛り上げたり、進行します。

クイズ番組では問題を読み上げ、加算された得点を読み上げる、賞品を手渡す、いい雰囲気を作るため司会者とうまく会話します。

イベント会場では司会進行役を任されることもあります。

「キャスター」と「アナウンサー」の違い

「キャスター」「アナウンサー」の違いを、分かりやすく解説します。

番組の顔として仕事するのが「キャスター」であり、扱う内容はバラエティ番組で取り扱わない問題に焦点を当てたニュースが大半です。

知識を活かして問題の内容を伝えたり、自分なりの解決策や専門家への質問を考えて発言する能力が求められます。

一方の「アナウンサー」は、新人であれば渡された原稿を間違わず、しっかり視聴者に伝えればよく、仕事を積み重ねていけば周囲をまとめる司会者の役割を担いつつ番組進行もしていきます。

「キャスター」の例文

・『キャスターは外国に住む専門家の話を聞くため英語能力が求められる』
ときに、海外に住む外国人記者や専門家と討論したり、現場の話を聞くため英語で会話して問題解決に向けて考える役割を担います。

・『原稿の編集に立ち会って手直しするキャスターは、問題を解説する人もいる』
経歴が長い人は原稿を編集し、深堀して伝えられる人もいますが、このような「キャスター」の番組は視聴率も高くなるわけです。

「アナウンサー」の例文

・『アナウンサーの頑張り次第で、朝のニュース番組が何十年も続くことがある』
朝のニュース番組が何十年も続くのは、アナウンサーの頑張りによるものが多く、人気者はフリーアナウンサーに転進することもあるわけです。

・『芸能人のように、私生活を取り上げられるほどアナウンサーも人気になると待遇が違ってくる』
お洒落な着こなしや髪型のアナウンサーは、グラビアやモデル業からも声がかかったり、ファンクラブまで立ち上がるほど人気者になります。

まとめ

いずれも視聴者へ分かりやすく情報を伝える仕事を担いますが、論評する能力や報道に対してのあり方を考えるのが「キャスター」であり、随時、番組を途切れることなくうまく進行させられる腕を持つ人が抜擢されます。

アナウンサーの中にも経験を積み重ねて報道がやりたいと思う人は、現地に飛ぶ仕事していくこともあるわけです。

タイトルとURLをコピーしました