スポンサーリンク

「ご迷惑も顧みずのお願いで」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご迷惑も顧みずのお願いで」とは?ビジネス用語【一語】

「ご迷惑も顧みずのお願いで」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご迷惑も顧みずのお願いで」とは?

はじめに「ご迷惑も顧みずのお願いで」の意味を解説していきます。

この言葉は、相手に何かを依頼する場合に使用されるものです。

そして、相手に対して少し依頼しにくいような状況の場合に、「前置き」として使用されることが多いとも言えます。

ここでは「ご迷惑も顧みず」と表現しています。

「顧みる」「かえりみる」と読み、「相手や物事を気にかける、配慮する」との意味で私用される言葉です。

これらのことから、「相手の迷惑を気にしないお願い」と、自分で先に認めている表現とも言えるのです。

「ご迷惑も顧みずのお願いで」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「ご迷惑も顧みずのお願いで」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが開発を担当している製品の設計について、どうしても前倒しが必要になりました。

また、この前倒しを依頼すると、開発部門が年末年始休暇を返上する必要が出てくることが予測されました。

このような時に「ご迷惑も顧みずのお願いで恐縮ですが、スケジュールの前倒しを調整させていただきたく」と、話を切り出すとよいでしょう。

「ご迷惑も顧みずのお願い」「ご迷惑をおかけして」とシンプルに言い換えることも可能です。

若干の意味やニュアンスは異なりますが、伝えたい気持ちは同じと言えるでしょう。

この言葉を使う場合の注意点は、少し回りくどい表現であることです。

「ご迷惑も顧みずのお願いで」を使った例文

ここでは「ご迷惑も顧みずのお願いで」を使った例文を挙げていきます。

例文のように「謝罪」を表す言葉とセットで使用するのが、一般的な使用方法と言えるでしょう。

場面や相手に応じて、柔軟に使い分けることをおすすめします。

・『ご迷惑も顧みずのお願いで申し訳ございません』
・『ご迷惑も顧みずのお願いで恐縮でございます』
・『ご迷惑も顧みずのお願いで大変恐縮ですが』

「ご迷惑も顧みずのお願いで」の類語や敬語での言いかえ

それでは「ご迷惑も顧みずのお願いで」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「ご迷惑も顧みずのお願いで」の類似表現

まず「ご迷惑も顧みずのお願いで」の類似表現について解説します。

「ご迷惑も顧みず」「ご迷惑な」と言い換えられます。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「ご迷惑も顧みずのお願いで」の敬語表現

つぎに「ご迷惑も顧みずのお願いで」を別の敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

例えば「ご迷惑を顧みないお願いで」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「ご迷惑も顧みずのお願いで」という表現は、少しまわりくどい表現の言葉です。

同じ意味、用法で代用できる言葉が多数あるので、言い換えることを検討したほうがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました