「ご来訪いただきありがとうございます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご来訪いただきありがとうございます」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では、「ご来訪いただきありがとうございます」の意味を分かりやすく説明していきます。

「ご来訪いただきありがとうございます」とは?意味

「ご来訪いただきありがとうございます」は、相手にわざわざ来てもらったことへのお礼を述べる丁寧な表現です。

「ご来訪」「ご」は相手の動作や状態を敬う接頭辞、「来訪」「人が訪ねて来ること」という意味、「いただき」は動詞「もらう」の謙譲語「いただく」の連用形です。

非常に丁寧な表現で、目上の人や社外の人にこのまま使えます。

「ご来訪いただきありがとうございます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意

「ご来訪いただきありがとうございます」が使われるのは以下の様なシーンです。

1つ目は、会議や打ち合わせなどで、相手がこちらの会社に来てくれた時です。

2つ目は、会議や打ち合わせなどで、相手がこちらが指定する場所まで来てくれた時です。

3つ目は、相手が自分の家まで来てくれた時です。

4つ目は、相手が学校や施設などまで来てくれた時です。

「来訪」は、場所を定めず幅広く使われます。

似た様な言葉に「来社」がありますが、こちらは「相手が会社に来ること」に使われます。


「ご来訪いただきありがとうございます」の言葉の使い方や使われ方

「ご来訪いただきありがとうございます」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『本日はお忙しい中、弊社へご来訪いただきありがとうございます』
・『先日はお忙しい中、弊社ショールームへご来訪いただきありがとうございます』
・『昨日はお足元の悪い中、展示会へご来訪いただきありがとうございます』

「ご来訪いただきありがとうございます」の類語や言いかえ

「ご来訪いただきありがとうございます」の類語や言いかえは以下の通りです。

「ご来訪くださりありがとうございます」

「くださり」は動詞「くれ」の尊敬語「ください」の連用形で、主体が違いますが「いただき」と同じ意味です。

「お越しくださりありがとうございます」

「お越し」「お」は尊敬語の接頭辞、「越し」は動詞「越す」の連用形で、「行く」「来る」の尊敬語です。

「ご来訪いただきありがとうございます」の英語表現

「ご来訪いただきありがとうございます」の英語表現は以下の通りです。

“I appreciate your attendance”

「あなたが参加してくれたことに感謝します」になります。

「attendance」「出席する」という意味です。

まとめ

今回は「ご来訪いただきありがとうございます」について紹介しました。

ビジネスや日常で正しく使える様に覚えておきましょう。