スポンサーリンク

「安心しました」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

スポンサーリンク
「安心しました」の敬語とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「安心しました」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

スポンサーリンク

「安心しました」の意味

「安心しました」は、不安が取り除かれたような場面で使用できる言葉です。

「安心」「心が安らぐ」という意味を持ちます。

つまり、心配や不安がなくなるような状況を「安心」という言葉で言い表せるのです。

また、「安心」は名詞になっています。

そのため、動詞の「する」を組み合わせて「安心する」のように使用できます。

ここでは語尾を丁寧に言い換えて「安心します」にしています。

さらに過去形にしたのが「安心しました」なのです。

これらのことから、「安心しました」が、不安が取り除かれたような場面で使用できる言葉であると分かるのです。

「安心しました」の敬語での使い方や表現方法

「安心しました」は既に敬語になっています。

ここでは、丁寧語の「しました」という表現を用いているのです。

たとえば、ある仕事を委託したとします。

そして、委託先から説明を受けたところ、少し心配が取り除かれたのでした。

このような場面で、「お話を聞いて、少し安心しました」と言うとよいでしょう。

これによって、心配が除去されたような状態を、上手に表現できるのです。

また、「安心しました」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「安心いたしました」で謙譲語になります。

また、「安心されました」「安心なさいました」は尊敬語の表現になります。

ほかにも、「安堵しました」「不安が解消しました」のように、類似の表現で置き換える手段もあるのです。

このように、同じ意味でも敬語の使い方次第で印象の違う表現になります。

実際の状況に合わせて、適した言葉を選ぶようにするとよいでしょう。

「安心しました」の言い換えや使用例

・『お話を聞いて安心しました』
・『しっかりご説明いただいたので安心いたしました』
・『設備を確かめたことにより部長も安心なさいました』
ここでは、「安心しました」の使用例を挙げています。

例文からも分かるように、前段に説明などを付け加えることによって、自然な印象の表現を作り出せます。

また、「安心しました」を敬語で言い換えれば、それぞれ違う印象の表現として活用できるようになるのです。

まとめ

このように「安心しました」は、不安が取り除かれたような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました