スポンサーリンク

「安心して」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

スポンサーリンク
「安心して」の敬語とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「安心して」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

スポンサーリンク

「安心して」の意味

「安心して」は、心配しないでほしいことを相手に伝える言葉です。

「安心」は、「心が安らぐこと」を意味しています。

これが熟語になって「安心」という単語ができているのです。

また、「心が安らぐ」は、「心配事がないこと」「不安がないこと」などの意味を持ちます。

これは名詞のため、動詞を組み合わせて「安心する」のように表現できます。

この語尾が活用されて、「安心して」という表現になっているのです。

これらのことから、「安心して」が、心配しないでほしいことを相手に伝える言葉であると分かるのです。

「安心して」の敬語での使い方や表現方法

「安心して」を敬語にすると、「安心してください」と表現できます。

これは、尊敬語の「ください」を用いた表現になるのです。

たとえば、ある仕事が遅延していたとします。

そのため、上司が状況の報告を要求してきたのでした。

このような場面で、「こちらの遅延は問題ありませんので、安心してください」と言うとよいでしょう。

これによって、心配しないでほしいことを、上手に伝達できるのです。

また、「安心して」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「安心していただきたい」で謙譲語になります。

また、「ご安心ください」のように表現する方法もあります。

さらに、「心配しないでください」「不安に思わないでください」と言い換える手段もあるのです。

このように、「安心して」を色々な形で表現できる事が分かります。

同じような意味でも、敬語の使い方次第で印象の異なる表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「安心して」の言い換えや使用例

・『問題ないので、安心してほしいです』
・『予算は十分確保したので、安心してください』
・『必ず成功しますので、ご安心いただきたい』
ここでは、「安心して」の使用例を挙げています。

例文からも分かるように、前段に安心できる理由などを述べると、自然で分かりやすい表現にできます。

また、「安心して」を変化させれば、違う印象の表現として活用できるようになるのです。

まとめ

このように「安心して」は、心配しないでほしいことを相手に伝える言葉だと言えます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました