スポンサーリンク

「やぶさかではない」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

スポンサーリンク
「やぶさかではない」の敬語とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「やぶさかではない」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

スポンサーリンク

「やぶさかではない」の意味

「やぶさかではない」は、何かを惜しまないことを言い表した言葉です。

「やぶさかではない」「吝かではない」と表記できます。

「吝」という漢字は、「おしむ」「けち」という意味を持っているのです。

このことから、何かを惜しむ様子を「やぶさか」と表現できます。

ここでは「ではない」という言葉を組み合わせて、それを否定しているのです。

これらのことから、「やぶさかではない」が、何かを惜しまないことを言い表した言葉であると分かるのです。

「やぶさかではない」の敬語での使い方や表現方法

「やぶさかではない」を敬語にすると、「やぶさかではありません」になります。

この場合は、丁寧語を用いた敬語表現の形になるのです。

たとえば、上司から仕事の打診を受けたとします。

そして、その仕事に対しては、前向きに取り組むつもりだったのです。

このような場面で、「その仕事に従事することは、やぶさかではありません」と言うとよいでしょう。

これによって、仕事に従事することを惜しむものではないと、上手に表現できるのです。

また、「やぶさかではない」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「やぶさかではございません」と表現できます。

また、「惜しみません」「惜しむものではございません」のように、類似の言葉を使って置き換えてみてもよいでしょう。

このように、「やぶさかではない」を色々な形で表現できると分かります。

同じような意味でも、言葉の選択次第で印象が変化するのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「やぶさかではない」の言い換えや使用例

・『しっかり準備できていますので、やぶさかではないでしょう』
・『以前から希望しておりましたので、やぶさかではありません』
・『その仕事に従事するのは、やぶさかではございません』
ここでは、「やぶさかではない」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に「やぶさかではない」対象を述べると、分かりやすい表現になります。

また、語尾をそれぞれ変化させると、印象の違う表現として活用できるようになるのです。

まとめ

このように「やぶさかではない」は、何かを惜しまないことを言い表した言葉だと言えます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました