スポンサーリンク

「ソース」とは?ビジネスで使うカタカナ語など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ソース」とは?ビジネス単語
スポンサーリンク

「ソース」とはどのようなものを指す言葉なのでしょうか。

今回は、「ソース」の意味について解説します。

スポンサーリンク

「ソース」の意味や使い方や表現方法

「ソース」とは、「大元」を意味する言葉です。

物事の出典や根拠になるものを表す言葉で、ニュースの情報源となるものを「ニュースソース」プログラムコードの基礎に当たるものを「ソースコード」といいます。

一般的にはそこを基本として発展的に利用されるものを指す言葉であり、情報を利用してニュース原稿を書いたり基本となるプログラムから発展的なプログラムを上乗せしたりなど土台となる部分を表す言葉です。

本来は水が湧き出す水源を指す言葉で、水源から水を引いて様々な形で利用されるように様々な物事の源流にあたる部分を指す言葉として使われています。

同じ「ソース」という言葉でも文脈によって意味が異なるので使う場面に合わせた理解が必要です。

「ソース」の言い替えや使用例

・『ソースがはっきりしないニュースは信用できない』
・『ソースコードの開示要求には応じられない』
・『複数のソースで裏付けを取る』

まとめ

「ソース」は異なる意味合いで使われることが多いので誤解を避けるためにも内容を正しく理解する必要があります。

ビジネスではとても重要な意味を持つ言葉なので覚えておきましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス単語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました