スポンサーリンク

「承知の上で」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「承知の上で」とは?ビジネス用語【一語】

「承知の上で」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「承知の上で」とは?

「承知の上で」は、内容を理解して認めた上で何かをする場合に使用できる言葉です。

「承知」とは、「分かること」「引き受けること」の意味で使用されます。

これは「承って知ること」もしくは「受け賜わって知ること」を言い表した言葉なのです。

そのため、「知る」という言葉を謙譲の意味合いを含めて熟語にしたのが「承知」という言葉だと言えます。

ここでは「承知の上で」とすることで、「分かった上で」と同等の表現にしています。

そして「上で」とは、「何かをしてから」「何かを前提として」との意味で使用できる言葉なのです。

「承知の上で」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「承知の上で」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある仕事に関して、上司がアドバイスしてきたとします。

しかし、そのアドバイスの内容は、既にしっかり理解して対応していたのでした。

このような場合には、「十分に承知の上で対応しております」と述べるとよいでしょう。

これにより、分かった上で対応している様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「承知」の使い方に注意しましょう。

これは「理解」「認識」などの類似表現で代替できます。

しかし、「承知」には謙譲の意味合いが込められているのです。

それぞれの言葉は同じ意味でも、少し印象や特性が違います。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「承知の上で」を使った例文

「承知の上で」を使った例文を挙げます。

例文のように、前後に言葉を付け加える事で、自然な印象の表現を作成できるのです。

・『はっきりと承知の上で対応しております』
・『十分に承知の上で選択いたしました』
・『内容を承知の上で仕事を進めております』

「承知の上で」の類語と敬語での言いかえ

「承知の上で」の類語と敬語を解説していきます。

「承知の上で」の類似表現

「承知の上で」の類似表現には、「認識の上で」があります。

「承知」「認識」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「承知の上で」の敬語表現

「承知の上で」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「承知いたした上で」に言いかえできます。

なお、この場合は、謙譲語を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「承知の上で」は、内容を理解して認めた上で何かをする場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました