スポンサーリンク

「上司と相談して回答いたします」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「上司と相談して回答いたします」とは?ビジネス用語【一語】

「上司と相談して回答いたします」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「上司と相談して回答いたします」とは?

「上司と相談して回答いたします」は、独断で回答できないような場面で使用できる言葉です。

「相談して」「相談する」が連用形になったものです。

そして「相談する」は、「問題解決のために話し合う」「相手に意見を求める」という意味を持っています。

また、「 回答いたします」は、「回答する」を謙譲語で言い換えたものです。

謙譲語を使用することで、相手に対する敬意を表明できるのです。

なお、「回答」「質問に答えること」を意味する言葉になっています。

「上司と相談して回答いたします」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「上司と相談して回答いたします」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、取引先から判断を求められたとします。

しかし、その件に関して、あなたには決定権がないのでした。

このような場合には、「この件に関しましては、上司と相談して回答いたします」と述べるとよいでしょう。

これにより、上司と話し合ってから答えることを、上手に言いかえて伝達できるのです。

この言葉を使用する際には、「回答いたします」の使い方に注意しましょう。

これは謙譲語を使った表現です。

同じ謙譲語でも「ご回答差し上げます」のように言い換える事もできます。

使用する相手との関係や、使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「上司と相談して回答いたします」を使った例文

「上司と相談して回答いたします」を使った例文を挙げます。

例文のように、即答できない理由などを書き加えると、より分かりやすい文章にできます。

・『この件については、上司と相談して回答いたします』
・『即答いたしかねますので、上司と相談して回答いたします』
・『私では判断できませんので、上司と相談して回答いたします』

「上司と相談して回答いたします」の類語と敬語での言いかえ

それでは「上司と相談して回答いたします」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「上司と相談して回答いたします」の類似表現

この言葉の類似表現には、「上長と相談して回答いたします」があります。

「上司」「上長」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「上司と相談して回答いたします」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「上司と相談してご回答差し上げます」のように言いかえできます。

まとめ

このように「上司と相談して回答いたします」は、独断で回答できないような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました