スポンサーリンク

「僥倖にめぐりあった」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「僥倖にめぐりあった」とは?ビジネス用語【一語】

「僥倖にめぐりあった」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「僥倖にめぐりあった」とは?

「僥倖にめぐりあった」は、思いがけない幸運を得た場合に使用できる言葉です。

「僥倖」「ぎょうこう」と読みます。

これは、「偶然に得るしあわせ」「思いがけない幸運」との意味で使用される言葉です。

「僥倖」「僥」「もとめる」「ねがう」を意味します。

そして「倖」「思いがけないしあわせ」を意味する言葉なのです。

さらに「めぐりあった」は、「めぐりあう」という動詞の過去形です。

これを漢字表記すれば「巡り合う」となります。

これは「長く求めていたものに出あう」ような意味で使用される言葉なのです。

「僥倖にめぐりあった」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「僥倖にめぐりあった」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある新規事業を考えていたとします。

すると、その事業に最適な人材が、偶然にも中途採用に応募してきたのでした。

このような場合には、「信じられない僥倖にめぐりあったのです」と述べるとよいでしょう。

これにより、思いがけない幸運を得たと、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「僥倖」の使い方に注意しましょう。

これは正しい言葉ですが、日常的に使用されるような言葉ではありません。

普段使用する場合は、「幸運」などのシンプルな表現に言い換えるほうが無難と言えるのです。

使用する状況に注意しながら、上手に使うとよいでしょう。

「僥倖にめぐりあった」を使った例文

「僥倖にめぐりあった」を使った例文を挙げます。

例文のように、語尾を付け加える事で、自然な文章を作成できるのです。

・『僥倖にめぐりあったのです』
・『僥倖にめぐりあったようです』
・『僥倖にめぐりあったみたいです』

「僥倖にめぐりあった」の類語と敬語での言いかえ

「僥倖にめぐりあった」の類語と敬語を解説していきます。

「僥倖にめぐりあった」の類似表現

「僥倖にめぐりあった」の類似表現には、「幸運にめぐりあった」があります。

「僥倖」「幸運」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「僥倖にめぐりあった」の敬語表現

「僥倖にめぐりあった」を敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「僥倖にめぐりあいました」に言いかえできます。

なお、この場合は丁寧語の「ます」を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「僥倖にめぐりあった」は、思いがけない幸運を得た場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました