スポンサーリンク

「ご息災にお過ごしください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご息災にお過ごしください」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「ご息災にお過ごしください」という言葉のビジネスにおける意味についての解説です。

スポンサーリンク

「ご息災にお過ごしください」とは?意味

「ご息災にお過ごしください」は、敬語表現の一つで、無事にお過ごしくださいということを敬語で表現して相手側に対して個人的に低姿勢で相手に対して敬いを見せる表現法の一つです。

この表現を用いれば、低姿勢でこちら側が相手を敬っていることを強調することが可能となります。

なお、「ご息災」は、息災という言葉を丁寧に表現し、「息災」の意味は、無事で過ごしているということを意味します。

「ご息災にお過ごしください」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご息災にお過ごしください」は、ビジネスにおいては相手を気遣い相手側に対して無事に過ごしてほしいという意味で使われます。

そのうえで、注意すべく点はこの言葉は相手側に気遣いを見せる際に言葉の締めくくりなどあいさつで使用しますので急に挨拶とか、会話の流れにおいて敬語とみられない表現をした場合、失礼に当たるので注意が必要です。

特に、ビジネスのお話をしていて、最初の前置きが全然敬語を示す内容で話をしておらず、急に最後になって、会話の終わりで、「ご息災にお過ごしください」と言えば、なぜ最初から敬語で話さないと不快感を示すということです。

「ご息災にお過ごしください」を使った例文

・『それでは皆様ご息災にお過ごしください』

「ご息災にお過ごしください」の返答や返信例

「ご息災にお過ごしください」と言いう言葉に対して返事をする場合、返事をする側は、こちら側が無事でいることを願っているわけですから、素直に相手側のこちらの無事を祈るという言葉について返事をするのが望ましいです。

例としては、「心配頂き痛み入ります」という言葉で返事を返せば、相手側の心配していますという言葉について丁寧にこちらも応対をしていますので相手から好感を得るでしょう。

もちろん、「余計な心配をしないでください」と言って相手の心配する気持ちを拒否するのも可能ですが、ビジネスにおいては相手の好意を拒否するのは失礼にあたるのでやめておいた方が良いです。

まとめ

「ご息災にお過ごしください」は、ビジネスにおいては、あなた側に対して無事で過ごしてほしいという意味になるので、相手側は明確にこちら側の安全というものを願ってます。

なので、失礼な返しをすることは望ましくなく、余計なお世話ですというような返事をすることは大変失礼です。

ビジネスでは相手を気遣った場合、気遣いを受け側が反抗的な態度をとるケースもありますが、こうした場合、問題になるのが取引に影響する可能性があるという点で、そうした事態にならないようにすべくは、「ご息災にお過ごしください」という相手の好意に対して、こちらも誠意をもって返事をすることが大事だということです。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました