スポンサーリンク

「ccより失礼します」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ccより失礼します」とは?ビジネス用語【一語】

「ccより失礼します」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ccより失礼します」とは?

「ccより失礼します」は、メールの宛先ではない場合に使用できる言葉です。

自分がccだった場合に、横から何かを述べる様子を「失礼」と表現しているのです。

メールとは、FromとToの宛先の二人がやり取りをするのが基本です。

つまり、ccは宛先の一部ではあるものの、参加者ではなく傍観者なのです。

そのような暗黙の立場を意味するニュアンスが、ccという言葉に含まれているのです。

そして、自分がccであるにもかかわらず、双方のやり取りに何か口を挟みたいような状況で「ccより失礼します」と述べてから、自分の主張に言及するとよいでしょう。

「ccより失礼します」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ccより失礼します」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたがメールを読んでいたとします。

すると、どうしても見過ごせない内容を見つけました。

しかし、あなたはそのメールの宛先ではなく、ccだったのです。

このような場合には、「ccより失礼しますが、その方針は大きな間違いです」と述べるとよいでしょう。

これにより、第三者の立場が口を挟む非礼を、メールのやりとりに参加している人達に謝罪できるのです。

この言葉を使用する場合は、「cc」の使い方に注意しましょう。

この言葉は、自分がccの場合にのみ使用できます。

なぜなら、「Toより失礼します」とは言いません。

Toは本来の宛先であり、メールの主体であるからです。

また、「bccより失礼します」も違和感が残ります。

bccの場合は、謝罪を述べる対象である他の参加者が、宛先として公開されていないのです。

「ccより失礼します」を使った例文

「ccより失礼します」を使った例文を挙げます。

例文のように、そのままでも使用できますし、言葉を続けて文章をアレンジする事も可能です。

・『ccより失礼します』
・『ccより失礼しますが、その方針には大反対です』
・『ccより失礼しますが、もう少し調べたほうがよいと思います』

「ccより失礼します」の類語と敬語での言いかえ

「ccより失礼します」の類語と敬語を解説していきます。

「ccより失礼します」の類似表現

「ccより失礼します」の類似表現には、「写しより失礼します」があります。

「cc」「写し」は、どちらも同じことを意味する言葉なのです。

「ccより失礼します」の敬語表現

「ccより失礼します」を敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ccより失礼いたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「ccより失礼します」は、メールの写しの立場から情報を発信する際に使用するフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました