スポンサーリンク

「不備がありましたでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「不備がありましたでしょうか」とは?ビジネス用語【一語】

「不備がありましたでしょうか」とは?

ビジネスでの使い方と敬語や言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「不備がありましたでしょうか」とは?

「不備」は、「ふび」と読みます。

これは、「備える」を、「不」を使って否定したものです。

そのため「備えていない」ことを表現する言葉だとも言えます。

そして「備えている」状況とは、不足や誤りがない状態を示します。

このことから、「備えていない」、つまり「不備」とは、不足や誤りがある状態を示しているのです。

また、ここでは「ありましたでしょうか」という疑問文と組み合わせています。

これは「あった」という過去形に、丁寧語の「ます」と、丁寧度の疑問文「でしょうか」を付与したものです。

そして、ここで問題が有ることに気が付きます。

ここでは二重に丁寧語を使用していると言えるのです。

そのため、「ありますでしょうか」は誤用ということになり、冗長な表現だということが分かります。

「不備がありましたでしょうか」のビジネスでの使い方や使うときの注意点

「不備がありましたでしょうか」をビジネスで使う場合、どんな使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが発注元に成果物を納品したとします。

しかし発注元からは、成果物に対して不備がある旨の連絡が来ました。

しかし、あなたが確認したところ、不備は見当たりませんでした。

このような場合は、「どちらに不備がありましたでしょうか」のように、相手にたずねるとよいでしょう。

これにより、相手に対して不備の存在を問えるのです。

この言葉を使用する場合は、誤用に注意しましょう。

「不備がありましたでしょうか」は誤用ですので、「不備がありましたか」に言いかえて使用するほうが良いのです。

また、「不備があるでしょうか」のように言いかえることも可能なので、おぼえておくとよいでしょう。

「不備がありましたでしょうか」を使った例文

「不備がありましたでしょうか」を使った例文を挙げてみましょう。

例文のように、単独で使用してもよいですし、言葉を少し加えた使い方をしてみるのもよいでしょう。

・『不備がありましたでしょうか』
・『何か不備がありましたでしょうか』
・『どちらに不備がありましたでしょうか』

「不備がありましたでしょうか」の類語と敬語での言いかえ

「不備がありましたでしょうか」の類語と敬語を解説します。

「不備がありましたでしょうか」の類似表現

「不備がありましたでしょうか」の類似表現には、たとえば「不具合がありましたでしょうか」があります。

「不備」「不具合」は同じように使用できる言葉なのです。

「不備がありましたでしょうか」の敬語表現

「不備がありましたでしょうか」を別な言葉で敬語表現するとどうでしょう。

たとえば、「不備がございましたか」に言いかえできます。

まとめ

このように「不備がありましたでしょうか」は、不備の有無を相手にたずねるためのフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました