スポンサーリンク

「不備がありましたらご連絡ください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「不備がありましたらご連絡ください」とは?ビジネス用語【一語】

「不備がありましたらご連絡ください」を解説していきます。

気になるビジネス語を正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「不備がありましたらご連絡ください」とは?

「不備がありましたらご連絡ください」とは、こちらの送った文書や資料に至らない点があったら遠慮なく問い合わせくださいという意味があります。

この場合の「不備」とは、欠けていることをあらわします。

相手にとって不完全ではない状態をあらわすので、中途半端な文書、抜けのある資料ということになります。

「ご連絡ください」「ご~ください」という、うやうやしい敬語です。

「不備がありましたらご連絡ください」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「不備がありましたらご連絡ください」はビジネスシーンで良く使われる表現です。

ただ受け手によっては、一方的なため違和感を覚えることもあります。

もし大切な取引先につかう場合は「不備がありましたらご指摘をお願いいたします」「至らない点がございましたら、お気軽にお知らせください」など他の言い方に整えます。

「ご連絡ください」だとミスの有無に関わらず、相手に連絡を要求している強い言い方に聞こえてしまうこともあります。

やむを得ず「ご連絡」を用いたい場合は「万が一不備がありましたら、ご連絡をお願いいたします」など末尾を変化させて使うといいでしょう。

「不備がありましたらご連絡ください」を使った例文

・『不備がございましたら、どうぞご指摘ください』
・『至らない点がございましたらご指摘くださいませ』
・『万が一不備がありましたらご連絡をお願いいたします』

「不備がありましたらご連絡ください」の類語や敬語での言いかえ

「不備がありましたらご連絡ください」の関連語には「何かございましたら、遠慮なくお申し付けください」もあります。

「遠慮なく」というワンフレーズを付け加えることで、相手に対する配慮がにじみ出ます。

「不備がありましたらご連絡ください」の類似表現

似ている表現として「何かございましたら、ご指摘ください」もあります。

シンプルで分かりやすい表現です。

「不備がありましたらご連絡ください」の敬語表現

さらに丁重に言いたいときは「お気づきの点がございましたらお申しつけください」があります。

失礼のない言い方になり、スマートにまとまります。

「不備がありましたらご連絡ください」の返答や返信例

「不備がありましたらご連絡ください」と先方からメールを受け取ったら、まずは相手から届いた資料を確認します。

チェックに時間がかかる場合は「ご送付、誠にありがとうございます。

確認いたしますので、少々お待ちいただければ幸いです」
と送ります。

まとめ

「不備がありましたらご連絡ください」の意味と使い方をおさらいしました。

この文は相手に資料を送ったあと、何か不手際があったら遠慮なく問い合わせてくださいという意味があります。

ただ一方的に聞こえてしまう内容でもあるので、適宜言いかえて使用したいです。

正しい使い方を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました