スポンサーリンク

「派遣コーディネーター」と「キャリアアドバイザー」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「派遣コーディネーター」と「キャリアアドバイザー」の違い職業の違い

「派遣コーディネーター」「キャリアアドバイザー」の違いについての解説です。

スポンサーリンク

「派遣コーディネーター」とは?

「派遣コーディネーターは」は、派遣会社に登録した人物に対して、お仕事を紹介するお仕事になります。

そのうえで、「派遣コーディネーター」は、派遣会社に登録した人物のキャリアを見てこの人物であれば、このお仕事をお任せしてもよいだろうと判断を下して派遣会社を利用する人物の望むお仕事を提供し、面接から就業までをサポートするのが業務です。

「派遣コーディネーター」の業務内容

「派遣コーディネーター」は、業務内容においては、派遣会社に登録している人物にお仕事を紹介することですが、そのうえで、派遣会社に登録してお仕事を欲っしている人物のキャリアも見てお仕事を提供するのが業務です。

つまり、派遣会社でどこでもよいので就業を望む人物の望む職場を提供できるように奮闘するのが「派遣コーディネーター」の仕事になります。

「キャリアアドバイザー」とは?

「キャリアアドバイザー」は、派遣会社にて登録した人材のキャリアを重視して、どのようなお仕事で働くことが望ましいかまでを詳しく解説し、対象者をキャリアに応じた職業に定職させることを目的としたお仕事です。

なので、「派遣コーディネーター」のように、とりあえず就業を望む人物にお仕事を何でも良いので提供しようという考えは「キャリアアドバイザー」にはありません。

「キャリアアドバイザー」は、相手側のキャリアからお仕事を提供するので、キャリアがない人物についての就業は難しくなります。

「キャリアアドバイザー」の業務内容

「キャリアアドバイザー」の業務内容は、就業を望む人物のキャリアから就業先を選んでキャリアを生かせる職場に対象者を就業させるのが業務になります。

よって、キャリアがない人物の場合、残念ながら、「派遣コーディネーター」の方にお仕事を受け継いでもらうという流れになるでしょう。

「派遣コーディネーター」と「キャリアアドバイザー」の仕事の違い

両者の違いは、就業を望む者がいると仮定した際、どのようなお仕事でも対象者に紹介する姿勢を見せるか、対象者のキャリアから就業先を紹介する姿勢を見せるかという違いです。

「派遣コーディネーター」は、とりあえず就業先を紹介するという姿勢で、「キャリアアドバイザー」は、就業を望む者のキャリアから就業先を紹介するという違いになります。

まとめ

「派遣コーディネーター」は、いい意味では、どのようなお仕事でも紹介してもらえるんですが、悪い意味では、自分ができない仕事でも紹介します。

逆に、「キャリアアドバイザー」は、キャリアがあり、前にやっていた仕事を優先して紹介するため、キャリアが無い人は残念ながら、お仕事を紹介してもらえないケースが多いです。

よって、派遣会社を通して就業を望む人物は、両者を使い分けて就業をするということになります。

タイトルとURLをコピーしました