スポンサーリンク

「ご参集」と「ご参加」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご参集」と「ご参加」の違いビジネス用語【二語】

「ご参集」「ご参加」の違いについての解説です。

スポンサーリンク

「ご参集」とは?

「ご参集」は、人々が目的を持って参加することで、ビジネスにおいては、ビジネス目的で開催されているイベントに集まることです。

なので、このワードは、集まることに意味があり、集まることで会社の利益になるイベントか何かに加わるということになります。

「ご参集」の使い方

「ご参集」は、周囲のビジネスマンや企業の方々に対してビジネスを展開するという目的をもってイベントに参加している方々であるという意味で使用します。

なので、このワードは、ビジネスにおいては一般人の方は差さず、企業で目的を持って集まっている方々と普通の一般人とを分けるために使用します。

一般の方は、「参加者」という形で分ければ、アナウンスをする際、目的に応じて案内ができるというわけです。

「ご参加」とは?

「ご参加」は、目的を持たず、興味本位で参加することで、ビジネスにおいては、イベントなどに興味本位で参加することです。

なので、このワードは、ビジネスマン以外で興味がある人物たちにイベントに集まってもらう際に使用するテンプレートになります。

「ご参加」の使い方

「ご参加」は、興味を持っている方に対して企業が主催するイベントに参加してほしいという意味で使用します。

なので、このワードは、参加する側は、別にビジネス目的でイベントに参加して収益を上げてやろうという考えはありません。

あくまでイベントを楽しむというのが目的です。

「ご参集」と「ご参加」の違い

両者の違いは、イベントなどに加わる側の意図がビジネス目的で加わるか、イベントが面白そうだという興味本位で加わるかという違いです。

「ご参集」は、イベントに加わる目的がビジネスで収益を目的としているのに対して、「ご参加」は、興味本位でイベントに加わるので、お客さんという形でイベントに加わるのが「ご参加」です。

まとめ

「ご参集」という言い回しは、イベントなどにビジネス目的で参加する人物たちをとても丁寧にビジネス目的で参加する参加者だと述べているだけです。

一方、「ご参加」は、別にイベントなどに集まる人物たちはビジネスで集まっているわけではなく、興味本位で集まり、イベントを楽しむという目的で参加していたりとビジネスで何かイベントで売り込みを使用と目論んでいません。

なので、「ご参加」という言い回しは、丁寧にイベントを楽しむために集まっている方々という意味で、「ご参集」は、丁寧なんですが、お金儲けなどの目的があり集まっている企業陣営の方々という意味で使用されるケースがとても多いです。

だから、「ご参加」という言い回しは、お客さんに向けて言うことが多く、企業同士でイベントに参加してほしいケースは、「ご参集」と呼びます。

タイトルとURLをコピーしました