スポンサーリンク

「淡い色」とは?使い方や言い換えなど、ビジネスでも使える言葉を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「淡い色」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

この記事では「淡い色」について解説をします。

スポンサーリンク

「淡い色」とは?意味

際立っていない薄い色という意味です。

「淡い」には、色や味などがひときわ目立つことはなく薄いという意味があります。

光がぼんやりしているという意味もありますが、後に「色」と続くので、色などが際立っていないという意味になります。

「色」は光の波長の違いによって受ける感じのことです。

「淡い色」の使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、色が薄い、際立っていないという意味で用います。

際立っていないというとネガティブなふうにとらえがちですが、「淡い色」によいも悪いもありません。

この言葉にあてはまる色には、ベビーピンク、シェルピンク、薄緑、裏葉柳、水色、桜色などがあります。

反対に、この言葉にあてはまらない色には、深紅、ワインレッド、桔梗色、深緑などがあります。

強い色は目をひきつけるので、目立たせたいときに用いられることが多いです。

しかし、多様すると疲れてしまいます。

「淡い色」はあまり目立ちませんが、多用をしても疲れにくいです。

そのため、穏やかになりたいときに用いられています。

ファッションでは、春にこの色が取り入れられることが多いです。

春には、草木の若い芽が出てきたり、桜が咲いたりします。

そういった植物の色は淡い傾向があります。

「淡い色」の植物が目につく春には、「淡い色」を用いたファッションが取り入れられるのです。

食べものでもこの色が取り入れられています。

濃い色のものは目につきやすいので、店頭に並べる食べものに濃い色を使えば、人々が手を伸ばしてくれることでしょう。

しかし、場合によっては毒々しく見えてしまいます。

毒々しいと食べる気がせず、手を伸ばす気も起こりません。

「淡い色」だと毒々しさがありません。

お菓子に取り入れると、かわいらしい見た目になります。

色は人の心に影響を与えます。

ビジネスの場で色を取り入れるなら、その色が心にどのような影響を与えるのかを考えてみるとよいでしょう。

「淡い色」を使った例文

・『淡い色を使ったスカート』
・『淡い色でまとめたマカロン』
・『ノートの表紙の色は淡い色』

「淡い色」の返答や返信例

この言葉自体に返答することはありません。

この言葉がよく使われる業界は、ファッション業界でしょう。

衣服の色は、その服や着た人の印象に大きな影響を与えます。

「淡い色」といってもさまざまな色があります。

話し手と聞き手で色を共有するために、どういった色をイメージしているのか話し合ってみましょう。

まとめ

この言葉は、薄い色を指して用います。

特に使われることが多いのはファッション業界です。

さまざまな色があり、それぞれの色が与える印象もさまざまです。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました