スポンサーリンク

「拓けた場所」とは?使い方や言い換えなど、慣用句やビジネスでも使える言葉を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「拓けた場所」とは?ビジネス用語【一語】

「拓けた場所」とは?

使い方や言い換えなど、ビジネスでも使える言葉を分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「拓けた場所」とは?

「拓けた場所」「ひらけたばしょ」と読みます。

「拓く」「未開の土地を開拓、開墾する」ような場合に使用される言葉です。

これを拡張した使い方として、「新あたらしい分野に取り組むこと」「拓く」と表現することもあります。

また、平易な言葉で「開く」との表現も可能です。

しかし、「開く」という表現を使うよりも、「拓く」を使用するほうが、より自分の意思により未開の地を「ひらく」印象が強くなります。

ここでは「拓けた場所」としていますが、単純に見通しのよい場所を示しているわけではないのです。

これは、自分が、もしくは誰かが意図的に切り開いたものであることを、強調して示しているのです。

「拓けた場所」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「拓けた場所」のビジネスでの使い方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが新しく店舗を建設しようとしていたとします。

しかし、建設場所は田舎であり、ちょうどよい土地が見つかりませんでした。

このような場合には、「もう少し拓けた場所はないでしょうか」と述べるとよいでしょう。

「拓けた」は人間の意思によりことを強調できる言葉です。

そのため「拓けた場所」は人間の手により開拓されたことを示し、間接的に発展している場所を示す使い方もできるのです。

この言葉を使う場合は、活字表現で活きるものだということです。

「拓けた」「開けた」は、活字で使い分けると意味の違いを強調する効果があります。

しかし、会話で使用する場合には、特に意図が伝わらないのです。

「拓けた場所」を使った例文

「拓けた場所」を使った例文を挙げます。

・『もう少しだけ、拓けた場所に出店したい』
・『建物を建設できるような、拓けた場所を探しております』
・『このような田舎ですと、拓けた場所を探すのが難しいのです』

「拓けた場所」の類語や言いかえ

「拓けた場所」の類語や言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「拓けた土地」

「拓けた場所」の類語には、「開けた土地」があります。

「拓けた」という言葉を使用する場合には、地理的な用途のことが多いため、「土地」と言いかえできるのです。

「発展した場所」

「発展した場所」「拓けた場所」の類語と言えます。

こちらは、地理的な意味よりも、「田舎ではない」ことを示す言葉として使用する場合の類語なのです。

まとめ

このように「拓けた場所」は、人間に意思により開拓された場所、さらには発展した場所のような意味で使用できる慣用句です。

ビジネスでも使用できるものですので、おぼえておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました