スポンサーリンク

「パーカッショニスト」と「ドラマー」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「パーカッショニスト」と「ドラマー」の違い職業の違い

この記事では、「パーカッショニスト」「ドラマー」の違いや意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パーカッショニスト」とは?

ラテン音楽でよく使われている打楽器を叩きながら演奏する人のことを「パーカッショニスト」と呼びます。

手で叩いて独特な音を出したり、一定のリズムをスティックで叩きながら出すドラムの要素を取り込みながら独特なテンポで音に強弱を出せるのも腕の見せ所です。

クラシック界ではティンパニや木琴、シンバルを演奏する人が役目を担い、演奏家がリズム良く演奏できるような役目を担っています。

他にはトライアングルやカスタネット、タンバリンなど片手で持ち、もう一方の手で叩く楽器も演奏する人は一つだけではなく、これらをいくつも繰り返して演奏しながら音を出すのが役目です。

そのため曲に合わせて叩き、音を出せばいいか瞬時に考える能力が必要になります。

曲をよく聴き、どのタイミングでどれを叩くか決めるのも腕の見せ所であり、長年の経験を積んだベテランは豊富な表現力とリズム感がいい人がなることが多いわけです。

「ドラマー」とは?

ドラムをスティックで叩き、曲にリズムをつける人を「ドラマー」と呼び、楽器をリズムよく叩いて、ギターやベースをうまくまとめる役割を担います。

他にも日本では太鼓を両手に持ったバチで勢い良く叩いて力強い音を出すこともありますし、ハンドドラムをテンポよく叩いて音を出す人も「ドラマー」と呼びます。

欧米や日本などの先進国では、椅子に座りながら両手でドラムを叩く人に対して使われている呼び方であり、奏でる音楽はロックを中心にポップス、ヘビーメタルなど若者が好む音楽分野で活躍する演奏家を指します。

いろいろな楽器の中でも演奏して奏でる曲を指揮してまとめる役目を担うためリズム感が冴えている人が適しており、叩きながらテンポをうまく調整していくテクニックを身に付けています。

海外ではボサノバやジャズ、ブルースにいたるまで「ドラマー」を必要としており、心が感じられる演奏ができるよう叩くことを心がけるのも重要なことです。

腕を磨いた者は音楽の分野を越えて声がかかり、活躍する機械が増えていくため稼げるようになるわけです。

「パーカッショニスト」と「ドラマー」の違い

「パーカッショニスト」「ドラマー」の違いを、分かりやすく解説します。

ドラムではない楽器をリズムよく叩いて曲にテンポをつけるのが「パーカッショニスト」であり、クラシックやラテン音楽の演奏で活躍しています。

「ドラマー」よりも様々な種類の楽器を弾いて音を出し、曲に色をつけていくところが豊かな音が加わった楽しい曲にできるわけです。

一方の「ドラマー」はドラムを根気よく叩いて音を出し、他のメンバーがリズムよく演奏できるようにうながす役目を担います。

「パーカッショニスト」がクラシックやラテン音楽で活躍するのに対し、「ドラマー」はゆっくり奏でるブルースやボサノバ、若者向けの明るいポップス、ロックなど独創的な音楽で活躍しています。

スティックでドラム叩いて音を出せるので、かなり速いテンポを刻むハードロックやヘビメタルにも対応できるのが個性的なところです。

まとめ

どちらも叩きながら演奏する人を呼ぶ呼び方ですが、叩く楽器やテンポに違いがあります。

演奏する曲も違うので、演奏者の服装や髪型にも違いがあるのも面白いところです。

どのような演奏の仕方なのか気になる人は実際に演奏会に行ってみて、肌で感じてみるのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました