スポンサーリンク

「倍旧のご厚情」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「倍旧のご厚情」とは?ビジネス用語【一語】

「倍旧のご厚情」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「倍旧のご厚情」とは?

はじめに「倍旧のご厚情」の意味を解説していきます。

「倍旧の」「ばいきゅうの」と読み、「より一層の」という意味で使用される言葉です。

これは、「旧」「今まで」「倍」「よりもいっそう」なのです。

また、「ご厚情」「ごこうじょう」と読み、「厚い情け、手厚い親切」などを意味する言葉です。

これに「ご」を付けて「ご厚情」とし、敬語表現にしています。

これらのことから、「倍旧のご厚情」とは「より一層の厚い情け」という意味で使用されていると、言い換えられるのです。

「倍旧のご厚情」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「倍旧のご厚情」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが取引先に挨拶状を書くことになったとします。

しかし、あなたは挨拶状を書くのに慣れていませんでした。

そのため、文章の締めくくりのフレーズが、まったく思い浮かばないのでした。

ビジネスメール同様に「よろしくお願いします」だけでは、バランスが取れないのです。

このような場合には、「今後とも倍旧のご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます」と記載するとよいでしょう。

これは「今後もよろしく」という内容を、非常に丁寧な言葉で装飾したものと考えればよいでしょう。

この言葉を使う場合の注意点は、「倍旧」のに「より一層」の意味があることです。

「なお一層、倍旧のご厚情」のように、同じ意味を重ねる使い方をしてはいけないのです。

「倍旧のご厚情」を使った例文

ここでは「倍旧のご厚情」を使った例文を挙げていきます。

例文のように、前後に言葉を加えて文章を完成させるとよいでしょう。

・『今後も倍旧のご厚情を賜りますようお願いいたします』
・『今後とも倍旧のご厚情を賜りますれば幸いでございます』
・『引き続き倍旧のご厚情をいただけますと幸甚です』

「倍旧のご厚情」の類語や敬語での言いかえ

それでは「倍旧のご厚情」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「倍旧のご厚情」の類似表現

まず「倍旧のご厚情」の類似表現について解説します。

「倍旧の」「より一層の」と言い換えられます。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「倍旧のご厚情」の敬語表現

つぎに「倍旧のご厚情」を別な敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

たとえば「より一層のご温情」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「倍旧のご厚情」は、ビジネス文書の「締め」の挨拶文として使用できる言葉です。

上手に使えば表現のパターンを増やせますので、しっかり覚えておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました