「良かったでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「良かったでしょうか」とは?ビジネス用語【一語】

「良かったでしょうか」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「良かったでしょうか」とは?

これは、良かったかを相手に聞くための言葉です。

「良かった」「良い」の過去形になります。

このようにすると、「良い」という状態が、既に過ぎ去った事象に対して使用されている表現になるのです。

また「でしょうか」「です」が変形した疑問文になっています。

これは「ですか」と同じような意味で使用できる、丁寧語の疑問文になっているのです。

たとえば、「この内容で、本当に良かったでしょうか」と使用できます。

これらのことから、この言葉が良かったかを相手に聞くためのものであると分かるのです。

「良かったでしょうか」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、部下が困っていたとします。

しかし上司からは、放っておくようにと指示されていたのでした。

このようなケースで、「本当に、このままで良かったでしょうか」と伝えるとよいでしょう。

これにより、良かったのかを、上手に問いかける事ができるのです。

この言葉を使うときは、「良かったでしょうか」の表現方法に注意するべきです。

これは「良かったのでしょうか」に変更できます。

また、「良かったですか」と言い換える方法もあるのです。

他にも「よろしかったのですか」と言い換える事ができます。

このように、同じ内容でも少し違う形に置き換えて使用できます。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「良かったでしょうか」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『このままで良かったでしょうか』
・『こちらの商品で良かったでしょうか』
・『本当に無視して良かったでしょうか』

「良かったでしょうか」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「良かったでしょうか」の類似表現

たとえば、「よろしかったのですか」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「良かったでしょうか」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「良かったのですか」に言い換えできます。

まとめ

このように、良かったかを相手に聞くために、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。