「労を取る」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「労を取る」とは?ビジネス用語【一語】

「労を取る」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「労を取る」とは?

これは、何かに労力を使うような場合に使用される言葉です。

たとえば、「相談の労を取ることにしました」と使用できます。

このようにすると、相談という行為に対して、労力を行使するような意味になるのです。

つまり「労」「労力」を意味します。

これは、何かする場合に使用される力のことを表現しているのです。

そして、そのような力を行使する様子を「取る」という動詞で言い表しているのです。

そしてこれは、自分のためではなく、他人のために何かするような場合に使用される表現になっています。

これらのことから、この言葉が何かに労力を使うような場合に使用されるものであると分かるのです。

「労を取る」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある企業から相談を受けていたとします。

それは、新しい顧客を紹介してほしいという内容の相談になっていたのです。

このようなケースで、「その件に関しては、私が紹介の労を取るつもりです」と伝えるとよいでしょう。

これにより、紹介という候に労力を割くと、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「労を取る」の表現方法に注意するべきです。

これは「労を取ります」で丁寧な印象になります。

また、「骨を折る」などの類似表現に置き換える手段もあるのです。

このように、同じような内容でも少し違う形に言い換えて使用できると分かります。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「労を取る」を使った例文

例文のように前後に適した言葉を組み合わせると、自然な使い方ができるようになるのです。

・『手続きの労を取ることにしました』
・『私が紹介の労を取るつもりです』
・『他人のために仲裁の労を取る必要はありません』

「労を取る」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「労を取る」の類似表現

たとえば、「骨を折る」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「労を取る」の敬語表現

これを敬語表現にすると、「労を取ります」に言い換えできます。

なお、これは丁寧語を使った表現になっています。

まとめ

このように、何かに労力を使うような場合に、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。