「励む」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「励む」とは?ビジネス用語【一語】

「励む」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「励む」とは?

これは、何かに精を出す様子を表現した言葉です。

「励む」は、何かに精を出すような意味になります。

つまり、懸命に力を注ぐような行為を「励む」と言い表せるのです。

たとえば「仕事に励む」「勉強に励む」と使用できます。

このようにすると、対象となる行為に力を注ぐような意味になるのです。

これらのことから、この言葉が何かに精を出す様子を表現したものであると分かるのです。

「励む」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、先輩が仕事をさぼっていたとします。

そのため、しっかり励むべきであると、注意することにしたのです。

このようなケースで、「もう少し真面目に励むべきです」と伝えるとよいでしょう。

これにより、精を出すような行為のことを、上手に表現できるのです。

この言葉を使うときは、「励む」の表現方法に注意するべきです。

これは「精を出す」に変更できます。

また、「力を注ぐ」などに置き換える手段もあるのです。

さらに、「励みます」と言い換えてもよいでしょう。

さらに「励まれる」にすれば、尊敬語にする事もできるのです。

このように、同じような意味でも少し違う形に言い換えて使用できます。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「励む」を使った例文

例文のように、前後に言葉を付け加えると、自然な使い方ができるようになるのです。

・『しっかり励むべきだと思います』
・『今は仕事に励むとよいでしょう』
・『たまには勉強に励むことも必要です』

「励む」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「励む」の類似表現

たとえば、「精を出す」が類似表現になります。

「励む」「精を出す」は、同じような意味で使えるのです。

なお、「力を注ぐ」なども類似表現と言えるでしょう。

「励む」の敬語表現

これを敬語表現にすると、「励みます」に言い換えできます。

なお、これは丁寧語を用いた表現になっているのです。

さらに、「励まれる」「お励みになる」で尊敬語に言い換える方法もあります。

まとめ

このように、何かに精を出す様子を表現したものとして、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、上手に活用するとよいでしょう。